琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

またまたどーも、こんにちは。えだごんべです。

今日は、初めて料理の話。

シェフ秋田氏が居なくなってからというもの、ムニエル鮫島と連日、料理にチャレンジ中です。

そのほとんどは、ヒメジ料理。

ヒメジパスタ

ヒメジ飯(後にヒメジ雑炊)

ヒメジ塩焼き

etc...

そんななか、本日もヒメジ三昧で、昼はヒメジパスタ(トマトソース風)を食べ、夜はムニエル鮫島作のヒメジムニエルとエダ作のヒメジ団子入りトムヤムクン風春雨スープをいただきました。




実に美味し!!

原価ほとんど0円で美味しいモノを食べれるなんて幸せです♪

今のところ、ヒメジ飯(後にヒメジ雑炊)以外に失敗はなし

なかなか美味しいご飯を頂いております

これからも食中毒にならないように頑張ろーっと


えだごんべ


こんにちは!J・Bです.
本当は昨日までに最後の立研日記を書こうと思っていたのですが,遅くなってしまいました.
研究室に加入してから早3年半.ついに立研を巣立つ時がやってきました.
そこで,最後の日記では,研究室に入ってから始まった秋田食堂の業務成績を報告したいと思います.

http://file.teamichiba.blog.shinobi.jp/1a5dd15f.jpeg
(↑秋田基金の帳簿.ノート2冊分にもなりました)

思えば,研究室に入ってから本当にたくさんの飯を作りました.いったい何人前作ったのでしょう?
ましてや育ちざかり(?)の男子大学生にです.ときには中華鍋とフライパンを総動員して10人前近くの炒め物やチャーハンを作りました.みんな食べてくれてありがとう!!
研究室に入り浸るようになり,ほとんど毎日研究室で晩飯を食べるようになってから,僕は家でコメを炊くことが全くなくなりました.おかげで家の炊飯器は3年ほど眠ったままです・・・

料理を作るたびに記録をしていった秋田基金帳簿.昨晩必死に集計したところ,この3年半研究室で食事を作ったのが566回.そのうちJ・Bが作ったのが486回.実に86%の参加率です!!特に修士論文の執筆が忙しくなってきてバイトを辞めてからは,昼も夜も学校で飯を食っていました.
では,秋田食堂ではいったいどんなメニューが供されてきたのでしょうか?
集計結果をみてみたいと思います!!

作った回数第1位に輝いたのは・・・

パスタ! 合計63回J・Bが作りました!まあ,パスタ屋でバイトしていたし,妥当なところでしょう.
そして2位は・・・

刺身で47回!!
チーム市場のリーダーとして魚の味についても広く研究してきました!後半にはmy出刃とmy柳刃包丁を導入して刺身のクオリティも向上したかと思います.

そして3位は・・・塩焼きで28回!4位にチャーハンと鍋が27回と続きます!

それ以降の結果は別表にまとめましたのでご覧下さい.
それにしても良く作りよく食べた.
それはきっと研究室に一緒に楽しく食事をし,語らう仲間がいたからだと思います.
これまで,一緒に魚を食べ,語らい,研究に励んできた皆さん,いままでどうもありがとう!!
本日(本当は昨日)をもってJ・Bは立研日記を卒業します.
これからは,いままで研究室,フィールド,そして市場で培ってきた力を生かし,沖縄県の水産業のために誠心誠意頑張っていきたいと思いますので,どうか温かい目で見守ってやってください.

それでは,また

秋田 雄一
J・Bです.遅馳せながら,新年明けましておめでとうございます.
今年も立研HPをよろしくお願いします.

昨年の(も?)大晦日も研究室にこもりっきりで,OBの某先輩と酔っぱらってフエフキダイの話をしていたら年が変わってしまいました・・・

さて,昨日は当研究室の新年会でした.例年忘年会では,市場で魚を買ってきてそれをみんなで料理するのですが,昨年は居酒屋で開催したので,新年会は研究室でやろうということになり,市場で魚を見つくろってきました.今年の新年会は豪華でしたよ~!



アオダイ,ハマダイ,チカメキントキ,スジブダイ,そしてシロクラベラ!
おまけにビンナガも1塊買ってきました.



そしてそれがこうなったわけです・・・


魚はすべて刺身でいただきました.今回の新年会では,これらに加えて各自が持ち寄ったヒトクセあるお土産が・・・
まずは,ハゼ(種不明)の佃煮.某ハゼの大親分が同定を試みていましたが,ダメだったようです.留学生のファビエンは渋い顔をしていました.

次に,ハタハタのいずし.いずしと言うと強烈な臭いがするのかと思いきや,さわやかな酸味と生姜の芳香,そしてハタハタの締まった身質が非常によろしかったです.これにもファビエンは渋い顔をしていました・・・

そしてクサヤ.先生と僕は喜んで食べていたのですが,多くの人にはあの独特の臭いがダメだったようです・・・
もちろんファビエンは絶叫していました.Oh my god!!

ですが,何よりもファビエンを恐怖に陥れたのはマグロの目ん玉の煮つけ!
いくら勧めてもスライミーとか言って食べませんでした(笑)


そんなこんなで楽しい新年会となりました.さあ,今年も頑張っていきましょう!!
J★B

はじめまして,B3の進藤と呼び分けるために大佐と呼ばれているB4です.

本日0500時より,特定外来生物大口黒鱒(ブラックバス)掃討大作戦を決行.
同1000時本部帰投・・・

すいません.疲れたんで普通に書きます.

今日はブラックバス8匹,ブルーギル12匹が釣れました.いつも魚体は標本にするか捨てるかだったのですが,今日は元気もあるし,もったいないので食べてみることにしました.

料理方法は,琵〇湖に対抗してバーガーにしてみることに





バスバーガーの完成図


一番左がブルーギルバーガーです.よく分かりませんが・・・

バスもギルも予想以上においしく,皆大満足の様子でありました.
こんばんは,J・Bです.
今日は私の研究報告会がありました.とりあえず,一つ山を越えた感じです・・・
今回の発表では,水産学会でまとめた年齢と成長に加え,成熟,人工授精,漁業に関する内容も盛り込みましたが,発表を通してアラが浮き彫りになり,一息ついてなどいれないな,と痛感しました.2月のゴール目指してなんとか走りきろうと思います!

さてさて,本日の出来事です.
今日は夕方艇庫横のコンテナの廃サンプル処理がありました.
じゃんけんに勝ったJ・Bやライスボール塩見氏は処理に行かなかったのですが,処理に向かったメンバーの帰りがあまりに遅いため,応援に行くとまさに作業が終わったところで,ひんしゅくだけ買って帰ってきました・・・

その後,ライスボール氏とジョギングをし,研究室で晩御飯.今日はチーム市場のルーキー,鮫ちゃんが買ってきたホウライヒメジとよしおのコトヒキをいったん揚げて甘酢あんかけにしました.

(ホウライヒメジとコトヒキの甘酢あんかけ.with大佐のゴーヤー)

こちらがその写真です.ヒメジは姿がきれいだし,身も厚くてご飯のおかずにぴったり.甘酢とゴーヤーの苦みが魚の臭みを消し去ってくれました.そして意外だったのがコトヒキ.身は淡泊ですが,甘酢との相性がかなりいけてました!カリッと揚げた皮の食感もよかったです.
最終報告が終わり,少しはまともな飯を作れ,楽しい晩餐となりました☆
こんにちは、J・Bです!先日、研究室OBのネズミ男先輩と泡瀬に投網サンプリングに行ってきました。

コチとジューマーのチビを集めるためにおこなっているこの投網サンプリングですが、毎回コチとジューマー以外の魚がたくさん入ります。その多くを占めるのが、ドロクイ、リュウキュウドロクイ、サッパといったニシン科の小魚、クロサギ属、シマヒイラギ、セイタカヒイラギなどの銀色の小魚です。そのほかにもヨメヒメジやニセクロホシフエダイ、オキフエダイ、時にはハタタテダイなんかが入ることもあります。こららのバイキャッチたちは、全て持ち帰ることもありますが、あまりにも沢山入ってしまったときにはリリースしてきています。
今回の採集では体長10 cm前後のドロクイ属若魚が沢山採れました。いつもなら、同定後固定してしまうこれらのサンプルですが、先月の魚類学会で入手した「水産加工技術」という本を参考に、干物作りにチャレンジしてみました!

干物作りは、まず魚を洗い、鱗と内臓を取り除き、腹開きにすることから始まります。この作業が実に面倒くさい!!今回は一人で悪戦苦闘しているJ・Bを見た先生が手伝ってくださったおかげで速やかにこの行程を終えることができました。
次に、これらの魚を塩水に漬けます。比較的大きな干物を作るときは塩を振ってもよいのですが、今回のように小さな魚の場合、味にムラが出てしまいそうだったので塩水に漬けることにしました。このとき用いる塩水は、海水程度の濃度にすることが多いようですが、沖縄は気温および湿度が高いことを加味して、濃い目の塩水に漬けることにしました。
1時間弱塩水に漬けた後、水気を切って串に刺して乾燥させます。今回はすでに日が傾いていたので扇風機で乾燥させることにしました。扇風機の前に魚をセットし、一晩経つと・・・
(↑ こちらが完成した干物です)

このような具合になりました!!見事干物作り成功です!写真にはドロクイの他にオキフエダイも写っています。完成した干物をすぐさま火であぶって試食してみました。


干す前は生臭かったのですが、干しあがるとそんな臭いは消え失せていました。そして、それらを火であぶると・・・
とってもいい匂いがしてきます!!しばらく弱火で加熱し、表面に少し焦げ目がついたところで火を止め、食べてみました。
                         「うまい!」
こいつはイケます!!塩をきつめにしたのでしょっぱいのですが、酒のつまみにぴったりです!
みんなで干物をかじり、今後は何で干物を作ろうか、と議論しながら、やはり魚(肴)の研究というのは食べてこそ完結するのだと痛感したJ・Bでした☆ミ


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 5 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[09/13 fake van cleef clover necklace sale]
[09/12 knock off bvlgari chain necklace]
[09/10 オオメジロ燕]
[09/06 saori]
[09/05 réplique van arpels and cleef]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索