琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
Sっ君が久しぶりに研究室に顔を出しました。
休みで来沖中だそうです。

アカマチを見つけ、早速捌き始めました。
この光景、これまでは研究室で普通に見られていたなぁ。



新4年生が取り巻いてみています。



あっという間に”炙りの刺身”ができたとさ。


Platax teira

今年度も西表調査が始まりました。
着々と埋め立てが進む那覇空港を離陸・・・天候が心配です。



4月は順調に運航していたはずの上原行が欠航!大原周りになりました。
それほど波が高いとは思えないけでなぁ。



熱研の庭に、イリオモテランが咲いていました。



初日、午後5時に出船。
まずはアトク島沖で採水です。



その後、浦内川での調査開始、今回は何やら秘密兵器が投入される様子です。
美ら海のR偉さんが東大のM本さんの指示のもと秘密兵器をセッティング。



全員、興味津々でモニターを覗き込みます。



この後、川を遡上して真っ暗になるまで、ひたすら水質観測→採水の繰り返しです。


 
2日目、西表とは思えない寒波の中、あまりに魚っ気がありません。
オオメジロザメを呼び出すため、こんなものを秘密兵器の前に設置してみました。
サンマの塊・・・結果は空回り。



予備日、なぜか突然、天候が回復!
Y五郎さんに頼んでツノザメのサンプリングのため
「Yama-Pikara」に乗せてもらいました。



船は一路、沖を目指します。



とりあえず水深400mに投入!
ラインは550mまで出て着底です。



最初はウチワフグ、



小型のハマダイなどが揚りました。



「今日は深いところまで棚が取れるから500mまで行こう!」
Y五郎さんの判断で船はさらに深場を目指します。
水深500mに着底するには・・・ラインは800m出ます。



そこから上がってきたのは!
2種類のツノザメでした。

たぶんこれがフトツノザメ?
今、検索図鑑を見ていたら・・・背鰭前縁が白いのはツマリツノザメらしい???



そして、これがトガリツノザメ?



頭を比べてみると・・・
ツマリツノザメ?と、



トガリツノザメ??



上から見ると、こんな感じです。




う~ん・・・DNAだな。

おまけに、こんなものも釣れました。
全長1200㎜のハマダイです。



この日は3個体のツマリツノザメらしきもの、
5個体のトガリツノザメらしいものを採集しました。
港に戻って・・・ツマリツノザメ?と一緒に。



突然の冬に様な気候にも拘わらず、
いろいろな花が咲いていました。
真っ赤な花に、



こんな花に、



定番の花。



タビビトノキも花のようなものを付けていました。



色とりどりの実もなっていました。
黄色に、



赤紫に、



黒!



4月の西表調査が無事に終わりました。
学生がいないと写真を撮らなくなります。
次回はオオメジロザメの定期捕獲調査です。


Platax teira


 


I井先生が東京湾で採取してきました。

ラブカ2個体。1個体は雌、もう1個体は雄でした。
怪獣です・・・魚とは思えません。



もうひとつギンザメも魚とは思えない顔つきです。
これは雄でした。



釣りたいな~。


Platax teira




今日の弁当箱は、新しい布に包まれています。
魚柄です。AY子、ありがとう!

 


Platax teira


新年度、少数精鋭?での卒論・修論スタートです。
福地ダムに着いたら予想を上回る大減水・・・貯水率38.3%です。
船にたどり着くのも大変です。



いざ出発!



サンヌマタ川の”入り口の標識”は、”山”のうえです。



歩く距離が長くなり、ただただ時間に追われました。
その結果、調査写真は1枚もありません。

計数を終えて弁当にありつけたIF映とS太、
D祐は一人で付着藻類の採集です(二人に見捨てられたらしい?)。



水底一面をアオミドロが覆い、刺網も投網もうまくゆかず、四苦八苦。
大きなフナが獲れました。



3時30分の撤収時間に遅れること20分・・・ようやく帰路につきました。



結構バテバテの1日でした。
次の調査までにまとまった雨が降らないと、5月が思いやられます。


Platax teira




平成30年度が始まりました!
今年度から学生層が一気に若返り、うちの研究室の原点を知らない雛燕ばかりになりました。
うちの研究室のバイブルが「稚魚を求めて」であることを知ってる学生はもういません。
もしかするとこの本自体を知らない子燕がいるかもしれません・・・
読んだことのある人いますか?



さらに、うちの研究室が目指している目標が
「朝鮮魚類誌」であることを知っている学生は、皆無だと思います。



恐らく今いるすべての子燕が、これ何?と思ってることでしょう。
ましてや、内容を知る子燕は、一人もいないでしょう。

研究室設立時に立てた研究室の最終目標は、「琉球魚類誌」です。

学生たちが頑張ることによってうちの研究室は、絶えず動き続けてくれていました。
研究室発足以来、世代を重ねながらフル回転してきてくれた子燕が全員巣立ち、
研究室も大きく変わろうとしています。

満開だった寒緋桜も春の訪れとともに散り、今は赤い実がたわわになっています。



新しい研究室の出発です。
各自の卒論や修論を結実させることができるように、新年度も頑張りましょう!


Platax teira



カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 3 6 7
8 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
25 26 27 28
29 30
最新コメント
[04/25 clover necklace van cleef inspired knock off]
[04/25 boucle d'oreille van cleef réplique]
[04/25 bracelets love imitation cartier]
[04/12 ともひろ]
[04/11 未熟燕]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索