琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
こんばんは,おれんじうさぎです.

2020年なんぞ遠い未来...オリンピックの開催地が東京に決まった際はそんな事を思っておりました.しかし,ふと気づけばそんな"未来"も残り10ヶ月を切ったわけで,時の流れの早さを痛感しています.


3月といえば三寒四温.
沖縄では真冬の如く北風が吹く日があったかと思えば,初夏のような暖かさを感じる日もあり,そんな季節の変わり目には,様々なボラ科の稚魚が出現し始めます.


まずはボラ.沖縄島では11月初旬ごろから加入個体 (所謂ハク) が出現し始め,3月は加入期の終盤といったところ.

近年の分子系統解析の結果,"ボラ"ことMugil cephalusは,地域ごとに分化した複合種群である可能性が示唆されており,写真の個体がそれらのうちどれに該当するのかは判りません.


河川の純淡水域まで遡上するのはだいたい本種 (本属) で,小さな体でずいぶん上流まで遡上していきます.

対象種だからと贔屓するつもりはありませんが,海から内陸へエネルギーを運ぶという意味では,かなり重要な役割を担っているんじゃないかなと思っています.
普通種でありながら分類は混乱し,生態は謎だらけ.
日本の"ボラ"は一体何者なのでしょうか.ある意味,基本にして究極の存在かもしれません.


続いてはセスジボラ (上) とコボラ (下).
前述のボラよりやや遅く出現し,沖縄ではちょうど3月頃から多く採れ始めます.

日本産稚魚図鑑によると,両種は縦列鱗数と第1背鰭の位置 (セスジボラはコボラより前方に第1背鰭がある) によって識別できるとされています.

また,セスジボラは体側正中線より下方に黒色素胞があまり出現せず,コボラに比べて白っぽい印象を受けます (ホルマリン固定するとより顕著).ただし,セスジボラの稚魚の形態には地域差がある可能性があり,琉球列島以外の個体群についてはよく判りません.

コボラとアンピンボラ,ヒルギメナダはどう見分けるんだ!
メナダとセスジはどうなんだ!
遠くからそんな声が聞こえた気がしますが,それはまたいつか.

ええ,論文を書きます.書きますとも.

そしてまさかの,タイワンメナダ.

画像の個体の採集日は2月29日なので,例年よりも1ヶ月以上早い出現でした.

この時期からタイワンメナダが出るとは正直驚きです (厳密に昨年と同じ種であるか否かは一旦置いておくとして).やはり暖冬の影響なのでしょうか.

今年は是非ハクで季節を感じてみてください.


おれんじうさぎ
ご無沙汰しております.おれんじうさぎです.

先日ふと過去の記事を漁っていたら,こんな記事を見つけました.

U川の稚魚サンプル...これはやばいのが入っているのでは!?

未知のボラとの出逢いを求め,やってきたのはこちら↓↓


Ken MAEDA a. k. a. Dr. Goby にお出迎えしていただきました.

にこやかな笑顔ですが,ものすごい強風が吹き荒れています.

いきなり結論からいうとお目当てのボラは入っていませんでした.
そんなに甘くはないか...orz


憧れはまだ憧れのままで.

話は逸れますが,お目当てのボラはフィリピンで大変珍重される魚であり,美味だそうです.
現地では乱獲が問題になっているとか.

帰りにOISTの貯水升で飼っている (住み着いている?) ボラを見学させてもらいました.

何やらいっぱい群れています


箱メガネで水中を覗く小生.こうしてみると意外に肩幅が広い.



コボラとフウライボラが多く入っているようです.

前田博士,大変お世話になりました!!






だいぶ前ですが7月の某日漁港採集に行きました. 

ナンヨウツバメのチビ (卒論頑張れ!!)


シマスズメ (これもサンプル)


マツダイ, 古代魚感あってかっこいい


ハギbaby (初めてみました)


その次の日も, とある魚を求めて夜の漁港へ

そして遂に…


キターカンパチ!

しかも, 2個体も採れちゃいました


3時間流れ藻を掬い続けた甲斐がありました. 

 
あ〜かっこいい




研究室に3年生がやってきました.

彼の研究対象はなんとツバメウオ属魚類!
ありそうでなかったチョイスです.

好きな球団はもちろん...?!?!
ね!(無言の圧)



ツバメウオ属なんぞ簡単に同定できるでしょ,と高を括っていたらこれが意外と難しい.

歯の形や背鰭軟条数が同定キーとして使われますが,微妙なラインの個体も見受けられます.

因みに写真の個体はミカヅキツバメウオだそう.

水揚げされるのはナンヨウツバメばかりだと思っていましたが,実はミカヅキも結構な頻度で上がっているようです.



ツバメウオ属の若魚はマングローブに潜っているとよく見かけます.



よく見ると,体表にはハダムシ (寄生虫) のような白点が無数に付着しています.

汽水への侵入と寄生虫...何か関係があるのでしょうか.




そういえば先日,岸壁採集で極小 (SL 10 mm未満) ナンヨウツバメウオをGETしました.
ここまで小さい個体は初めてです.


WTRくん,ツバメウオ属の秘密をまるっと解き明かしてくれ!!


おれんじうさぎ
こんばんは.おれんじうさぎです.
かなり久しぶりの更新となってしまいました.

というのも,最近PCを買い換えたのですがSDカードリーダーが無かった為,画像を取り込めていなかったのです....

今回は,平成から令和にかけての出来事を書いていきたいと思います.



平成の終わりと令和の始まりはS能先生の下にお邪魔してきました.

朝から晩までボラ,ボラ,ボラ (たまにタカサゴイシモチ)...




あまり詳細は書けませんが,憧れのあんなボラやこんなボラに触れ合い,とても充実した時間を過ごすことができました.



帰る頃にはすっかり手が脱水されてかさかさに.

 

滞在中にお借りしていた光源と顕微鏡.

光源は沖山宗雄先生がかつて使用されていたものだそうです  (この光源に照らされた稚魚は,同定形質が浮かび上がるとか上がらないとか)




その後,令和初の生きたボラを観に東京・日本橋へ行ってきました.



遡上したての"ハク"がたくさん群れていましたが,写真では全然伝わらないですね.



沖縄に帰ってきてもボラです.

今年はセスジボラの加入が極めて少ない年でした.
その一方,モンナシボラやタイワンメナダの出現は早く,個体数もかなり多いように感じます.




得られた標本は"これ以上何も望めない鰭立て"を(目指)して固定します.

早く論文化してブログに写真をUPしたいところです.頑張ります.

おれんじうさぎ






こんにちは. 最近, 小物釣りにはまっているT紘です.

S太のサンプリングでよく釣りに同行しているので魚の写真が貯まってきました.
なので今回一挙に放出

まずはズメダイ

わかりにくいナガサキに (後ろにいるのはナガニザs)



クロソラとフチドリ?
 

釣っても近くに知ってる人がいるので自分で調べることはなく…いつになったらスズメダイ覚えられるのでしょう

続いてズメダイ釣りの外道 イチモンジブダイ(雌) 


シチセンムスメベラ


コガシラベラ


外道ではあるもののベラ, ブダイを釣るのは色鮮やかで楽しいです. 

さらに小物メギスのくせにスズメ, セダカニセスズメ (先生に教えてもらいました)


最近, 研究室内で話題のアミアイゴちゃん


最後, I平さんとの釣果, クモウツボ


次こそはタマン釣りたいですね

P.S オオウナギでブログ書き続けるの無理です.



カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 15 16
17 19 20 21 23
24 25 27 28 30
31
最新コメント
[05/28 誕生日プレゼント]
[05/28 ブランドスーパーコピー]
[05/20 バッグ,財布&小物専門店]
[05/08 激安ブランドのオーデマピゲ腕時計]
[04/15 お礼燕]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索