琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
おひさしぶりです.たいがです.

いやー,週1回の更新とはなんだったのでしょうか?
ブログの更新が月1回になりかけていますね…

さて,先月愛媛大学と北海道大学からお客さんが来ていたので,久々に市場へ行ってきました.



 




沖縄へはスズメダイの調査とウオノエの調査でいらしていました.
釣り人やダイバーは見たことあるかもしれませんが,ウオノエとは魚の口やエラについている白いダンゴムシみたいなやつです.






↑こういうやつ.食事中の方はすみません

まだ分類的な問題が多くあり,何種いるかもよく分かっていないようです.


こういうやつをさがして...



 


 




魚の口やエラをのぞきます.ウオノエがよく付く魚種はある程度決まっていて,アバサーやタチウオは多いみたいです.




 



今回,海が荒れていたせいか,あまり魚が揚がっていなかったのですが,目当てのサンプルをいくつか手に入れることができたようです.

ちなみに釣りにも毎日のように行きましたが,なかなかついている魚には出くわさず...
意外と寄生率は低いのかもしれませんね.


たいが☆ミ

こんにちは 前に少し触れた奄美調査便りです。

先日、先生と奄美大島のリュウキュウアユの調査に行って来ました。
実は、調査中は写真撮るどこれではないので、調査中の写真はあまりないのです…。
陸上の写真多いですが、ちゃんと川に入って調査してきました!



いい感じのモニュメント。



リュウキュウアユの調査だけでなく、ちゃんと研究室メンバー達のサンプルもゲットしてきましたよ!








まずは、いろんなスズメダイ。計60個体ほどでしょうか。




市場では、バラハタの色彩変異個体発見!
奄美でよく色彩変異個体見る気がするのは気のせいかな。




夜はエビスさん達が結構釣れました。





そして、今回の調査中、ついにこの方と初遭遇してしまいました!
これで、かなり戦意喪失。変な汗が大量に…。

その後、無事ハブに襲われることもなく、調査完了。今年の奄美大島のリュウキュウアユは、かなり多かったです。反動で秋に減らないか心配なくらいです。そして、西系列集団、去年より多いとはいえ、やはり心配な数でした。









しかし、鶏飯うまい、間違いない。




ほりべ

こんにちは、ももこです。

昨日までGWでしたね。沖縄の梅雨入りがこの時期なので、例年は雨の日が多かったりするのですが、今年は珍しくいい天気でした。

そんないい天気の日は外に出ないともったいない!!
ということでGWはサンプリングにたくさん行ってきました。
その様子を日記に書きたいと思います。

まず5月1日

北部の浅瀬で泳ぎ釣りをしました。
メンバーは私、taigaさん、N村さん
の3人



沖縄の地元民感が漂ってます。

初めて泳ぎ釣りしましたが、見て釣れるのが楽しい半面、見えるのに釣れない悔しさが倍増な気がしました。そこに!さかなが!いるのに!



海は若干濁り気味でしたが、それでもキレイ。そして寒かったです。



お次は5月3、4日
両日taigaさんのサンプリングのお手伝いのため、北部の干潟にいってきました。
初めは1日で終わるだろうと思っていたのですが、甘かった・・・。







色んなハゼをみましたが、結局1種しか同定出来ませんでした。似ている種が多いとだんだん疑心暗鬼になっていきますね。


4日のサンプリング後には釣りもしました。
これは完全に趣味です。






2人とも2日前に新しく買った竿で挑戦!
結果は・・・・。
西表みたいにはいきませんでした。へへっ



最後、5月5日
ごうのスズメダイサンプリングについて行きました。
メンバーは私、ごう、taigaさん、一歩君。

朝は釣りをしました、が、



うーん、あんまり芳しくないなぁ・・・。


ということで、お昼からは泳ぎ釣り。

5月1日に行った海とは違うところへ行ったのですが、この日はあまり釣れず・・・。
目の前に餌があっても、プイ!ってされます。厳しい!しかし楽しい!

残念ながら車にカメラを忘れた為、泳ぎ釣りに夢中だったため写真はありません。
せっかくのサンプリング写真が!!


こんな感じで私のGWは終了しました。
他にもGW、いろんな所へ行った人がいるはず!!

日記期待してまーす♥

ももこ






こんにちは。
たいがくんが日記書いてくれましたが,先月は生態学会参加のため,鹿児島へ行っていました。

たいがくんの発表風景がなかったので追加です。

一生懸命説明してますね。
実は発表時間中 (コアタイム2時間),写真を撮ろうと,私がうろうろしていたのですが,
常に発表を聞いている人がいて,本人写真撮られているのを気がついていなかったようです。
そのくらい好評だったということでしょう。
よかったですね。

私も色々な人に発表を聞いていただきました。
聞きに来てくださった方々,ありがとうございました。


そして,えだごんべ氏が指しているのは,所属するM村研究室の標本作成室。
木の後ろでこの写真からはわかりにくいのですが,部屋の一部が屋根のある外になっていて,不思議なつくりでした。
標本作製専用の部屋があるあたり分類の研究室です。
充実のコレクションも見せていただきました。
標本がきれいに管理されているのがすばらしいです。


鹿児島本土は初でしたが,鹿児島大学は南国っぽい雰囲気のきれいなところでした。

毎日,たくさんの発表・シンポジウムなどを聞き,良い刺激を受けました。
新たな出会いもあり,えだごんべ氏のおかげで美味しいものも食べられ,充実した学会となりました。

いいだ
どうも,たいがです.

昨日から新学期が始まりまして,学校内には新入生と思わしき子たちがたくさん歩いています.

まだ研究室は人が少ないですが,久々に外部から新規個体も加入してきます.
彼らの紹介はまたそのうちにして,今回は先日参加した生態学会の様子をお送りします.


 


舞台はこちら!鹿児島大学!

うちの研究室からは,飯田さんと自分が参加しました.





生態学会はとにかく規模が大きくて,参加者数はおよそ2000名!
もちろん会場も多いし広い!
ポスター会場で体育館2つ分使っていました.





期間も5日間と長く,ポスター発表は2日にまたがって行われます.
いつもうちの研究室は口頭発表が多いのですが,上の写真のように,今回はポスター発表です.

ほかにも企画集会やシンポジウムなどが精力的に開催されていました.
普段の学会とは違う感じで,とても勉強になりました.





そして自分の発表はというと,多くの方に見て頂きました.生態学会はポスターのコアタイムが2時間と長く,じっくり話せるのが良い所だなあと思いました.
1時間だと気づいたら思ってますもんね!
まあ2時間でも気づいたら終わっていたのですが…笑

途中で台湾の大学の学生さんが来て,しどろもどろになりながらも英語で発表したのですが,やはり英語のしゃべれなさを痛感しました.
ドクターに行くならば英語はしゃべれるようにならねばなるまいと心に誓いました.

そしてですね,じつは学会の写真はこれくらいしかありません!
人が多いし,タイムスケジュールがタイトで写真をとる暇がなかったんですねー
怒涛の5日間でした.
ということで以降は鹿児島の写真を紹介していきます.


 


大会中はずっと天気が良かったのですが,なぜか桜島は曇っていてかすんでいました.
どうやら噴火していたらしいです.
沖縄には火山がないので,身近に活発な火山があるというのも不思議な感じがしますね.







ほかには,燕先生が学生の頃,お世話になっていたアパートの近くにも行きました.
大家さんからもいろいろとお話を伺いましたが,やはり先生は学生時代から釣りが好きだったというエピソードが印象的でした.
そしてこの写真に何気なく写っていますが,そう,鹿児島にはえだごんべ氏がいらっしゃるのです.今回の滞在ではたくさんお世話になりました.





もちろん鹿児島の市場にも行ってきました.えだごんべ氏が毎月通っているというこちらの漁港は,鹿児島市内から遠く,近くで1泊しました.
はじめは暗かったのですが,水揚げが始まる頃には明るくなってきました.
これが真冬だったら本当に辛そう・・・






こちらの漁港では,主に定置網による漁獲物が水揚げされるようです.その中にはネンブツダイやトウゴロウイワシ(?)などの小型魚類が多く含まれます.
これらの魚を・・・


 



漁師さんが仕分けします.見てる感じだとイカを分けているようでした.
この中には,いろんな魚が混じっているのです.まるで宝の山!!





例えばマトウダイのちびとか.全長5センチくらい.こ,こんなの見たことないぞ!





もちろん大きな魚も上がっています.こちらはニタリ.しっぽがすごく長いのですが,魚を叩き落として狩りをするそうです.





上から見ると,ほらね.最大3.6 mくらいになるようです(サメのおねーさん談)





一緒に同行した愛媛大のHさんは,いろいろな魚から寄生虫を探していました.
寄生虫の世界も深いようで,まだまだ謎ばかりとのこと.
沖縄にも多様な寄生虫がいるようなので,ぜひ沖縄に来て頂きたいですね.






なぜかこの日はアカヤガラが大量に上がっていました.しかもでかい!!
高級魚だと思っていたのですが,イメージが変わってしまいました.


 


面白いなあと思ったのは,こちら.タカノハダイなんですが,左巻と呼ばれてるみたいです.
右巻に対抗してるからでしょうか?
でもわかりやすい名前ですね!





温帯系の魚ばかりかというとそうでもなく.沖縄っぽい魚もいくつかみられました.
だけど値はかなり安かったです.
地元の方にお話を聞いてみると,昔よりは増えてきているとのこと.
温暖化のせいなんでしょうか?






実は,生態学会と修了式の日程がちょうど重なっており,修了式や研究科長賞の授与式には参加できませんでした.それによって,様々な方にご迷惑をおかけしてしまったのですが・・・
それでも新たな世界を体験できて,とても有意義な時間を過ごすことができました.
ぜひ来年も生態学会に参加したいなあと思っています.
たまには違う世界に飛び込むことも大事ですね!


たいが☆ミ






こんにちは,たいがです.


先日,急きょ西表島の調査に同行することになったので,その時の様子をお届けします.


 



もうね…曇天ですよ…

雨が降る降る!


寒い!西表とは思えぬ寒さでした.

それでも調査はしなくてはなりません.


 


まずは投網でちびたちを狙います.
久々の投網に緊張する翔平くん.




上手く投げれるのかっ!?









うーん,及第点でしょうか?
就職先でも投網での調査がありそうなので,特訓する必要がありそうですね!



 


毎月投網を投げてる投網ガール(自称)はさすがの広がり方です.


西表の投網は面白い魚(特にハゼ類)が入るので楽しいですね!!





 
そして船に乗ります.浦内の河口は広いなー!



結果は…

ご想像にお任せします(意味深)







今回はいつもの日程に加えて,バラフエダイ釣りがありました.
船釣りいえーい!


 



爆荒れいえーい・・・



そして寒さのせいかまったく釣れませんでした.





そんな中,竿頭はこの人.なぜこんなにも釣れるのでしょうか?
やはり殺気がないからなのか…






しょうへいも大物!50 cmのアズキハタ!
のちのちシガテラ騒動のもとに・・・





かくゆう自分も1 kgオーバーのヒレグロハタを釣りました!


しかし肝心のサンプルはあまりつれず・・・








全体的に魚が取れず,なかなかつらいサンプリングでしたが,なんとか乗り切りました.
これからは暖かくなるので,来月こそはいろいろとれたらいいですね!

そして,明日から鹿児島で行われる生態学会に参加してきます!
なので,残念ながら修了式は参加できないのですが,きっとだれかがブログにアップしてくれると信じて鹿児島へ飛び立ちたいと思います.


たいが




カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 5 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[09/13 fake van cleef clover necklace sale]
[09/12 knock off bvlgari chain necklace]
[09/10 オオメジロ燕]
[09/06 saori]
[09/05 réplique van arpels and cleef]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索