琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]


どうも,ごぶさたしていました.たいがです.

実はここのところ1ヵ月ばかり遠征していました.いろんなところを転々としていたので,何回かに分けてご紹介しようかと思います.ちなみにけっこうながいです.


まずはじめは九州編!鹿児島と宮崎に行ってまいりました.
鹿児島と言えば桜島の周りを囲む錦江湾や,坂本龍馬が新婚旅行に行ったという霧島温泉が有名ですね.


しかし,くにしまが向かうところはもちろん・・・
























干潟ですよねー



本土で調査を行うのは初めてだったのですが,沖縄に負けず劣らずいろいろな干潟がありました.







めちゃくちゃ広大で










コチの子供がいるような砂干潟かと思えば・・・










もう腰くらいまで浸かっちゃって










調査のお手伝いをしてくれた鹿児島大学本村研の上城さんがへとへとになるくらい
どろっどろの泥干潟だったり.










中には桜島をみながら調査できる贅沢な干潟もありました.



そしてそして,もちろんそこで見られる魚たちも,沖縄とは違ってきます.








こちらはチクゼンハゼくん.
沖縄では見ることのできないウキゴリ属の一種です.
ウキゴリの名の如く,中層を泳ぐ仲間もいるそうです.










アクアトトぎふでみた「ウキゴリ」ちゃん.
確かに浮いてますねえ.








遠征しているときも普段とやる子とは変わりません.
調査からかえって来たらすぐにソーティング.
まずはごみと魚をより分けて,大まかな種の判別と個体数を数えます.
干潮の時間が遅くなればなるほどサンプル処理の始まりも遅くなって・・・


大潮の週なんかは生活リズムが潮に支配されているのをひしひしと感じます.笑


そんなこんなで10日ほど本村研でお世話になった後,宮崎へと向かいます.








宮崎では,宮崎大の延岡フィールドでお世話になりました.

陸の孤島だよとは聞いていましたが,確かに・・・!


しかし,歩いて50秒もすれば海へ行けるという好立地.




海から近すぎて室内にふつーにフナムシがいたりします.



 



でも!仕事中にふと釣りがしたくなったら,ほーら.
素晴らしいですねー.
こちらの方々は今回お世話になった村瀬研のみなさま.
村瀬先生は赴任されたばかりで,人数はまだ少ないですが,楽しい研究室でした.





ちなみに・・手前の彼に見覚えはありませんか?





数年前まではこんなにも似ていたのに‥
今や体形が同定形質になりそうですね.泣


もちろん宮崎でも干潟に行ってきました,が!!!!









なんと台風が宮崎に直撃・・・

台風が来る前から雨がざあざあ降ってしまい,どうにもならない状態に.
結局2ヵ所しか回ることができませんでした.



このとき,台風がきて時間ができたので,大分と宮崎の県境に小さな淡水魚の水族館があるというので行ってきました.








番匠川のほとりにある番匠おさかな館.
道の駅のようなところにあるのですが,温泉も隣接してました.









やはりというべきか,入って初めの水槽はアユが展示されていました.
内地の淡水魚って言ったらアユだよねー.



奧に進んでいくと・・・






お,アベハゼ!!
近縁種であるイズミハゼとナミハゼを卒論でやっていた自分にとっては,
生きた姿を見てみたかった種類の1つです.
内地ではたくさんいる雑魚の一つですが,なんとなくうれしい気持ちになりました.




あらかた見終わって,さて帰ろうと思っていたら・・





出口近くにこんな本がありました.






おもしろそう!




中を開くと,すごろく形式でアユの一生を追っていくみたいです.
ページをくっていくと,













不本意ながら笑ってしまいました.









他にもボラやアジ,コチ,鳥などの様々な生き物(もちろん人にも!)に食われそうになりながらもアユたちは成長していきます.








最後に産卵して,ようやくゴールできるのでした.
大分の端っこですが,行く機会があればぜひやってみてくださいね.








こうして九州での調査を終えたくにしまは魚類学会へと旅立ちます.
岐阜での様子はまた次回にでも書きましょうかね.
期待せずにお待ちください..


たいが

先日鹿児島で行われた魚類生態研究会なるものに参加してきました.





なぜか飛行機がとれなかったのでフェリーでいく事に.
出発する時間はまだまっくらです.







いきなり事件発生.ばやしーの所持金150円.チケット買う時に発覚.
平身低頭のばやしー.不安なスタートです...








乗船後3分で眠りにつくいふえ.








一方,ばやしーはゼミの論文を読むのであった.


沖縄から鹿児島までは25時間もかかるのです.
論文も読めちゃうよねー.







鹿児島に着いた頃には朝に.あいにくの雨模様.
お風呂に入れなかったので,駅の近くにある温泉へ.
その名も西田温泉!2人のテンションが上がります.
(立研のみんなはなぜかわかりますよね?)

朝から温泉入れるとか鹿児島の人いいなあとかいいつつ鹿児島大学へ向かいます.



 



早く着きすぎたので,鹿児島大学の実験室やら研究室やら見学させてもらうことに.
「うわあ.きれいだなー」
・・・うちとは比べようがないですね.
時間が来たのでもどります.





開会の言葉.今回の世話人は鹿児島大学の久米先生です.
内野研究室では,奄美のリュウキュウアユ調査でおなじみですね.
思ったよりたくさんの人がいましたが,知った顔も多くいたので,少し安堵する人見知り3人なのであった.






1日目の発表は無事終わり.
3年生の2人も積極的に議論に参加していました.感心感心!
研究会ということもあり,学部生から院生まで幅広い年齢層,専門の発表が多くて新鮮でした.







夜はお楽しみ,懇親会!
我らがOB,えだごんべ氏や堀部の兄弟,みーきーくん.
お元気そうでなによりです.







3年生の2人も楽し気.
奧から手招きされたので,いってみると指遊びで負けた人が飲むという鬼畜ゲームをしておりました.2人ともあまりお酒は強くないはずだけど,大丈夫だったかなあ.






2次会は学生だけで.すげー量のお酒と人が集まりました.
もちろん夜遅くまで(朝早くまで?)宴は続きます.






翌日,眠さに耐えつつ最終日の発表に挑みます.
えだごんべ氏は,自分とももこも参加した与那国島の調査について発表をなさっていました.







ももこが採集している様子も右下にうつっていますね.
ナンヨウボウズハゼを追いかけているところです.



 



ちなみに自分の発表はトリ前でした.写真は頂きものです.
眠さに負けず,無事終えることができました.






今年は人数が多く,100名越えだったとか.次回は長崎大学だそうです.
学部生が多くて参加しやすい雰囲気だったので,興味がある人は参加したらいいかもしれませんね.


Taiga☆ミ
燕先生も仰っていた通り,沖縄はまさに三寒四温.
いつものフル装備(ウェットスーツ+ドライスーツ)では少し暑くなってきました.



上の写真何が映っているか,お判りでしょうか?





もう一枚



正解はリュウキュウアユの遡上個体です.この日は上流から河口まで全て観て回ったにも関わらず,この1個体しか発見できませんでした.

それにしても,この異様な姿たるやどうでしょう?ユゴイやボラはしっかり親と似た形になってからやって来るのに,リュウキュウアユはこんなひょろひょろの姿で遡上してしまいます.

今年はどれくらいの個体が遡上し,そして産卵まで辿り着くのでしょうか.


おれんじ


先日,ファビさんのD論発表会がありました.

今回は人数がおおくて,2つの会場に分かれました.

 



発表前.先生が緊張しているのがわかります.




 



もちろん,ファビさんも・・・リラックスしてますね!!






肝心の発表はというと,のっけからモンガラさんが!
いい写真ですねえ.



 


対象魚の紹介では様々なモンガラカワハギ科魚類の写真が!
面白い形と派手な色彩,聴者のみなさんも目を奪われたはずです.
ハゼでは,こうはいきません.







そして,スライドの中にはモンガラを手づかみしている写真もありました.
次から次へと面白い写真が出てきて飽きません.
なにやら尾柄の模様が個体によって違うらしく,目視で識別可能だとか
(たぶんそんなことできるのファビさんくらいです)



 


圧巻のデータ量,面白いデータがどんどんでてきます.
まさに4年間の集大成でした.






最後ももちろんピカソ!
途中トラブルもありましたが,無事発表は終わりました.



 



質疑応答も活発で,多くの方が興味を持っていたように感じました.
なによりも,モンガラへの愛情が見て取れる面白い発表でした!!







ひとまず,お疲れさまでした!



Taiga☆ミ
あっという間に1月も終わりですね.

暖冬の帳尻を合わせるかの如く大寒波が襲来し,そうかと思えば20℃越えの日が続いたりでなんだか調子の狂う月でした.

ちょっと間が空いてしまいましたが,今回は大寒波の後の川の様子です.
 
まずはリュウキュウアユ.



寒波+雨の影響が心配だったのですが,案外大丈夫だった様で個体数も10日前とほとんど変化はありませんでした.

しかし,まだ縄張り個体がいるとは.



12月の終わり頃から見かけるようになったボラ属の稚魚.前回の調査時より上流に来ていました.

恐らく M.cephalus だと思うのですが,うーむ.詳しい方のコメントお待ちしております.





午後はアユの加入個体を探す為に河口へ移動.





 

躍層の下から色んな魚が飛び出して来るのですが,ピントを合わせる前に逃げられてしまいます.





写真を諦め,ぶらぶら泳いでいると突如川底が白くなっている箇所を発見.






潜ってみると...









oh...


マクロレンズなので伝わりにくいのですが,川底一面魚の死体でした.

海産魚ばかりだったので,満潮時に押し上げられたものが河口に溜まったのでしょう.

結局アユは見つかりませんでした.



そのまま海へ降りてみると,今度は凄まじい量のナマコが.



貴重な経験ではありますが,これだけ死体ばかりのフィールドはもう勘弁です.次回はきれいさっぱり無くなっていることに期待.



おまけ



帰りにイシカワガエル観れました.


おれんじ





新年あけて初めてのサンプリングに行ってきました.

狙いはとあるハゼと豪のスズメダイ!

まずはスズメダイを狙います...







おっ,いるいる!縞々模様が目立つロクセンスズメダイ.









さっそくいっぽが狙っていきます.











しかし体長が小さいためかなかなか釣れず.
当たりはするんだけどなあー












一歩もこの表情.








干潮の時間が来たので,干潟へ.
修士のころから通った子の干潟も見慣れた風景です.








目的の魚はとれましたが,一番ドロドロしているところは引けずじまい.
潮に追われてスズメダイ釣りへ戻ります.










さあ,さっきは釣れなかったけど,今度こそ!
といいつつ,ひそかにハナミノカサゴを釣ろうとするいっぽ
あ...遊びじゃないんだぞー!








今度はきちんと釣れました!
新たなロクセンポイントを見つけたと喜び帰ります.
この日は晴れていていいサンプリング日和でした!



しかし,この日予定していたサンプリングができなかったので,またサンプリングへいかねば!


ということで2日後に再度挑戦!
まだ暖かいと腹をくくっていると...







なんか寒くない...?

気温が急激に下がり,北風ぴゅーぴゅー.
なんてこった...









お目当ての魚はご覧のとおり.大量でしたが....




 




調査を終えたころにはご覧のありさま.
ホントに寒かった・・・




はやく春よこーい!


taiga








カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/13 ヤビーポンプ]
[11/08 saori]
[11/07 bracelets cartier imitation love]
[11/06 saori]
[11/06 唐揚げ燕]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索