琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130]

こんにちは!J・Bです!
昨日は後輩のサンプリングに国頭村まで行って、その帰り道、自分のサンプリングもしてきました。
(↑上の写真は合わせ干潟の水路で網にかかった外来魚をいぢめているところです。)

昨日の沖縄は、風があるもののいいお天気で、暑くも寒くも無く、非常に過ごしやすかったです。
そんな陽光の中、国道58号線をひたすら北上し、最果ての市町村、国頭まで行ってきました。
ここ数日北風が吹いていたため、道中見える西海岸の海は大荒れで、激しく波が打ち付けていました。
しかし、後輩がサンプリングをしたのは内陸部のため池で、辺りは稲田やイグサを栽培する水田、バナナ畑などが広がる穏やかな田園風景。後輩が婚姻色の出た美しいタイワンキンギョにハッスルしたり、携帯をバケツに落として凹んでいるのをよそに、僕は車の中で昼寝をしていました(笑)

その後、いくつかの河川をまわって投網を打ち、コチを探しましたがなかなか見つかりません。
最後に、一縷の望みを託して沖縄北インターで高速を降り、泡瀬干潟で投網・・・
イケカツオ、ヒイラギの類、ミナミクロダイのチビなんかが採れました。しかしコチはなかなかかかりません。
潮も満ちてきて、そろそろ引き上げようか、というときに打った網に、なにやらコチらしきものが!!!!
一気にテンション上がって後輩に「バケツ持ってきてくれ~!!」と叫びました。
しかし、冷静になってそいつをしばらく見ていると、尾鰭は黄色くないし、鰓蓋に棘もついていません。コロっとひっくり返してみると腹鰭がつながって1枚になっています・・・


そうです。

ハゼでした・・・・

一気にHP1、MP1になってしまい、意気消沈してしまいましたが、ひょっとして珍しいハゼかも、と思って研究室にもって帰り同定しましたが、何のことは無いただのヒトミハゼでした。
残念。

次はハゼではなくコチが捕れますように!!!!

コメント
あこがれ
コチはヒトミハゼのまねをしているからね。
コチはハゼに憧れているのかも。
【2008/04/25 19:57】 NAME[まえだけん] WEBLINK[] EDIT[]
ヒトミハゼに感謝
コチを素手で持ったら血が噴き出すよ(実体験)。
ハゼで良かったね。
次はグローブしてやったほうがいいよ。
【2008/04/26 21:09】 NAME[ミミズハゼ] WEBLINK[] EDIT[]
良いサンプリング
フィールドデビューおめでとうございますコチではないけどヒトミちゃんを捕まえたなんて,いいサンプリングだったと思いますよぜひ次は別のハゼを捕まえてきてくださいね
【2008/04/27 14:17】 NAME[ゴビィ] WEBLINK[] EDIT[]
ハゼの人たちは・・・
ちょこっと「ハゼ」って書いただけで3件もコメントが・・・
ハゼの人たちって・・・
【2008/04/27 15:58】 NAME[J・B] WEBLINK[] EDIT[]
無題
ヒトミハゼとミナミマゴチを一緒にしないように!あまりにもコチに失礼です。ヒトミハゼは時々見かける大きなコチ兄にあこがれて、外見だけコチにしたのかもしれません。やがて腹鰭も分かれて良くかもしれませんよ。
【2008/04/28 09:24】 NAME[魚の声] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
15
16 17 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/20 AY子母]
[07/20 AY子母]
[07/20 出費燕]
[07/18 AY子母]
[07/18 AY子母]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索