琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134]
こんにちは!J・Bです。
昨日の出来事を報告したいと思います。

昨日も市場に行ってきました~。泡瀬、与那城と二つの漁港を回ってきたのですが、天候が良くなかったせいか、どちらの漁港も水揚げ量が少なかったです。しかも、どちらの漁港でもコチは水揚げされておらず、標本を購入することができませんでした・・・

普段なら意気消沈、というところですが、昨日は泡瀬漁港で漁連の方から沢山魚を頂き、ウキウキして帰ってきました!
頂いた魚はツバメコノシロ、スズメダイ(?、同定せず・・・)、テリエビス、オジサン、ヤミハタ、ツムブリ、そしてなんと!ヒブダイ、シロクラベラ、キビレアカレンコといった高級魚、さらにタイワンガザミ!

あまりにも沢山頂いたので、お昼には調理しきれず、いくつかを選んで料理しました。
まずは、

上から順にツムブリ、ヒブダイ、シロクラベラの刺身。
どの魚も小ぶりでしたが、なかなか美味しかったです。特にシロクラベラは身に甘みがあって美味しかった~!

そして次は

ヤミハタのアクアパッツァ。アサリとトマトの出汁が利き、仕上げにベランダで栽培したバジルで作ったジェノベーゼソースで仕上げました。しかし、ヤミハタのポテンシャルが低いので、そこそこの味・・・

オジサンたちはとても綺麗に料理してあげました。

こちらはオジサンの香草焼き。一度小麦粉を着けてフライパンで焼き、トマトの鱗を載せてグリルで仕上げました。お腹にはベランダで栽培したタイム、ローズマリー、そしてニンニクを詰めてあります。こちらも仕上げはジェノベーゼ。バイト先でこのような香草焼きを出していたので真似してみました。とっても綺麗に仕上がったのですが、所詮オジサン・・・実質がやわく、イマイチでした。

そして、こちらは和風!

キビレアカレンコの塩焼きです。鱗、内臓を処理したあと塩を振り、しばらくキッチンタオルで水気を切ります。
そして各鰭が焼け落ちないように塩を多めにつけてグリルで焼き上げました。
さすが「タイ」です!最もシンプルな一品ですが、味としてはこいつが一番美味しかったです。

そして、最後に

タイワンガザミのトマトパスタ。こちらもバイト先で出している料理を参考に作りました。
しかし、研究室にはブランデーが無かったので、ラムのような味わいの黒糖焼酎「まんこい」と、赤ワインでカニをフランベ。予め作っておいたトマトソースと合わせ、カニの旨みを引き出しました。麺が300gもあったので若干ソースが少なかったのですが、なかなかの味となりました。

というわけで、GW最終日の昨日は、実に豪華なランチを研究室で頂きました。合掌★

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 5 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[09/13 fake van cleef clover necklace sale]
[09/12 knock off bvlgari chain necklace]
[09/10 オオメジロ燕]
[09/06 saori]
[09/05 réplique van arpels and cleef]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索