琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[533] [532] [531] [530] [529] [528] [527] [526] [525] [524] [523]


どーも,えだごんべです!

いいださんとタイガが書いてくれましたが,まだまだ書きますパラオ旅行.

こんなに大きいイベントはなかなか無いので,じゃんじゃん書いちゃいましょう!

ということで,あんまりこの研究室ではウケが良くなさそうな水中大物編です!



水も天気も最高です!GO!GO!GO!



手始めにマンタ.ちなみにパラオにいるのはナンヨウマンタです.えだは,初マンタでした.まるでロボットのような不思議な生き物でした.



マンタを正座でみつめるいいださん.ダイビングしてる姿は,マンタよりレアです.
ちなみに,マンタとの距離は,3~5 mほどです.近い時は,避けないと当たりそう.



これもまた有名なナポレオン.ゴロゴロいます.
今は,餌付けしていませんが,昔はしていたそうで,今でもダイバーに寄ってきます.
それだけ長いこと覚えてるから頭が良いのか,それとも,もらえないのに学習しないのは頭が悪いのか・・・.



ギンガメアジのトルネード.マクロレンズを持って行っていたので,トルネードの全体図を撮れなくて残念.数百匹が渦巻く姿は圧巻です.



カメ.タイマイ?ヒメウミガメ?
カメみたい!と言い続けたファビちゃんも遂にカメを見ることができて幸せそうでした.
でも沖縄ではまだ見ていない・・・



James Davis Reimer先生.ナイフを無くして,レストランで借りてきたステーキナイフを使ってます.
パラオに同時期にスナギンチャクの調査に来ていたため,一緒に御飯に行ったり,調査に同行させていただいたりしました.



調査中でも大物がでます.マダラトビエイ.



空港にあった標語「1st shark sanctuary of the world」.
むっちゃいます.ゴロゴロいます.ほとんどネブリブカとオグロメジロザメ.最大で,周りを見渡すと17個体のオグロメジロザメがいることなんかも.なんてこった!

ちなみに,写真の時はギンガメがサメに順々に体を擦りつけていました.どうやら,サメ肌を使って寄生虫をとってるみたいです.



真下から.距離近し.カッコええ・・・.
後ろには,とてつもない量のグルクンが群れています.



海でも陸でもアッキーには世話になりっぱなしでした.
元気で楽しくやっていることが何より!!
大志と野望をもって成長している後輩くんを見ると大きな刺激になります.

という訳で,パラオ大物編でした!!


つづく


えだごんべ


コメント
無題
大物シリーズいいですね。昔、ナポレオンが好きだったなぁ、その前はコブダイが好きだった(中学生の頃)。今はカンムリブダイも気に入っています。アオブダイもいいね…共通しておでこが出てる。大物すぎるRMさん、水中で遭遇したら恐いかも。
【2013/03/15 10:55】 NAME[ナポ燕] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/13 ヤビーポンプ]
[11/08 saori]
[11/07 bracelets cartier imitation love]
[11/06 saori]
[11/06 唐揚げ燕]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索