琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167]


先日、久しぶりに流下仔魚の採集をしました。
川にプランクトンネットを設置し、上流側で孵化した仔魚を採集するのです。

bf322955.jpg

























a8add8e4.jpg
























 
イッセンヨウジとハゼ亜目の孵化直後の仔魚が採れました。
 
赤矢印で示したものは、特に未発達な状態で孵化するハゼたちの仔魚で、その多くはカワアナゴ属です。オタマジャクシ型で、まともな眼や口はまだありません。大量に採れました。
青色はヒナハゼの仔魚、黄色はミミズハゼ属の仔魚。これらはちゃんとした眼と口を持っています。周りには、カゲロウやユスリカの幼虫、エビのゾエア幼生などが写っています。
 
カワアナゴ属の仔魚は全長1 mm強ですが、3年生のM岡くんは「えっ、これで1 mmもあるんですか?」と言いました。1 mmといっても頭の先から尾の先までの長さであり、この写真ではっきり見えている「オタマジャクシの頭」部分は0.3~0.4 mmしかないので、無理もありません。
 
泥や落ち葉の欠片にまぎれた0.3 mmを見逃さないソーティングを心掛けたいですね。

まえだけん

コメント
無題
河川のハゼの仔稚魚は、チームゴビーの活躍で随分わかるようになりました。海域のハゼの仔稚魚はまだ混沌とした状態です。とりあえず、浦内川の仔魚と中城湾の仔稚魚の解析から取り掛かりましょう。仔稚魚命の学生の出現を心待ちにしています。毎日でもフィールドに出ることが可能な学生時代がどれだけ素晴らしい事なのかは、過ぎてから気づくものです。さぁ!みんなフィールドに出よう!!
【2008/10/26 14:02】 NAME[岩村の活躍が頼りの燕] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/14 AY子母]
[12/12 おとと燕]
[12/07 AY子母]
[11/13 ヤビーポンプ]
[11/08 saori]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索