琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[178] [177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168]
 ハゼの卵を採集すべく、再びフィールドへ行ってきました。


↑全く関係ありませんが、クモウツボ パイプの中に隠れていました。
 
 今回の調査では、1卵塊のみ発見できました。卵は、前回クロヤハズハゼの卵をを見つけた石と同じ石に産み付けてありました。しかもクロヤハズハゼが産んでいました。クロヤハズハゼにとって非常に良い石、あるいは環境だったのかもしれません。ひょっとしたら順番待ちをしているのかも
今回は、大きな容器を持っていったので石ごと持ち帰ることにしました。
 

↑親


↑石に付着している卵 うまく育ってくれるといいんですが・・・

コメント
無題
クロヤハズハゼは、住宅難?というところでしょうか。大きな岩の下にのみ産卵する種は卵を探すのが厄介です。ヒラヨシノボリの卵は、多大な労力を費やしているにもかかわらず、いまだに見つかりません。懸賞金が必要かもしれません。『ヒラヨシノボリの卵を見つけ、生きた状態で持ち帰ったものに1か月分のアルコール進呈』でどうでしょう。大きな岩の裂け目でお腹がパンパンのヒラヨシノボリの雌を採集したことがあります。1月に西表島でヒラヨシ卵探索の再(再再再?)チャレンジをしたいと考えています。
【2008/10/28 16:56】 NAME[WBCでの燕に期待] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
15
16 17 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/20 AY子母]
[07/20 AY子母]
[07/20 出費燕]
[07/18 AY子母]
[07/18 AY子母]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索