琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
みんなの協力で”魔の7月”が終わりました。
とりあえず、夏真っ盛りの8月を乗り越えるべく、国際野外実習の打ち上げです。
T河はバテバテで寝坊・・・なので、集まった5名で乾杯!



つまみはもちろん魚です。アニサキスが怖いけれど生サバ、



養殖ものだけどシマアジ、



Rが付かない月の生ガキ、



そして日本酒、ちょっとだけ解禁。などなど・・・。



最後にはT河も間に合いました。



世の中、夏休みのようですが、8月もきっと忙しいのでしょう・・・。
そろそろ学会の準備も始めましょう! 


Platax teira





S織の誕生祝をしました。
ミーティングの時にという予定で、AY子がケーキを買ってきてくれました。
ところが、
「今日バイトでミーティング欠席します」というS織のメールで大慌て・・・。
急遽、ミーティング時間を遅くし、S織がバイトから帰るのを待つことに。

ハッピーバースデイ!!!!



美味しそうなケーキです。



こらこら、一人分じゃないよ。



AY子が目分量を間違えて?特大配分になったケーキを前に嬉しそう。

 

おめでとう。次の誕生日は誰だろう?


Platax teira

国際合同野外実習が行われています。
二日目の実習を担当しました。内容は「沖縄島の外来魚」です。
最初に沖縄の淡水魚の生活史のショートレクチャー。



途中で沖縄島の純淡水魚5種を見せました。



講義の後は、実践です! まずは、投網の打ち方講座。



みんな、初めての投網に興味津々です。全員が挑戦してくれました。





続いて千原池で実際に魚を獲ってみます。
各グループから選抜メンバーを選び、
ハブに気を付けながら階段を下りました。



ドブ臭のする流入河川を下り、



貯水池にたどり着きました。



橋の上からギャラリーに見られつつ、



1投目は全員一緒に、「3,2,1!」



後はそれぞれが採集、



採集された外来種アラカルト。









最後に全個体を同定、計測して終了。
お疲れさまでした。

Platax teira





西表の調査に行ってきました。過密スケジュールを縫っての日程で、行く前からバテ気味です。
今回はFBエンが同行してくれました。この写真、わかりにくいですが、一番奥を右方向に走るANA機にFァビが、真ん中のJTA機に燕が搭乗しています。 


 
那覇上空、調査期間中の天気は良さそうです。



石垣島が見えてきました。



JTA機には、美ら島水族館のS藤さんも乗っており、空港で合流しました。

 

今回は、飛行機だけでなく、熱研に泊まれず、宿もばらばらになってしまいました。
夏休みは怖い・・・。Fァビの泊まるビラ・ヒルギです。



夕方、いつも通り浦内川河口に集合。



Y五郎さんの由丸に乗船。メンバーは、Fァビ・S藤さん・H藤先生・K原さん+燕です。



7月の5時は、まだまだ陽が高く、暑さも厳しいままです。



走ると風を切って、いい感じです。



陽がかげり、川面が赤く染まります。



今回の調査は、基本的に環境DNA用の採水です。
12定点で環境観測と採水、さらに船上で水を濾す?しかも往路と帰路で行うので24回!
この時点では、計画の大変さがわかっておらず、笑顔です。



真っ暗になっても、サガリバナが咲いても、まだまだ開いても終わらず、
帰路の観測と採水は、パスすることになりました。



Y五郎さんの冷えたピーチパインが唯一の息抜き・・・。



しかも・・・軍艦岩で”アリ”に刺されて、この有様です。
予定の半分の作業で初日終了。



翌朝、Fァビが潜りたいというので、中野海岸へ連れて行きました。
ナポレオンにバラクーダ、ゴマモンガラにクラカケモンガラ・・・。



お昼はデンサ―食堂の



ゴーヤーチャンプルー定食。



夕方、再び、浦内川の河口に集合。



2日目は一気に軍艦岩まで遡り、下りながらの調査です。



水面に点々とサガリバナの花が流れていきます。



今日の夕陽は、真っ赤です。



今日も調査の〆は、Y五郎さんの冷え冷えピーチパンの丸かじり。



3日目の午前中は、Fァビを星砂海岸に降ろし、




祖納漁港へ、ノコギリダイ・ヨコシマクロダイ・オキフエダイ・フタスジタマガシラ・・・。



夕方、ウツボ用の仕掛けを投入!
21:30まで粘りましたが、サンマが食いちぎられるだけで終わりました。



 最終日の朝、疲れて動けません・・・。Fァビを中野海岸に連れていき、帰り支度。



いつの間にかこんなカフェができていました。



「西表の少年」という名前ですが、ヤマネコ宅配のおばちゃんによると、
「やっているのは、昔の少年、今はおじさん」だそうです。



とりあえず、そこで朝食。コーヒーも美味しかったです。



帰路、大原周りは土砂降りのスコールのようです。
H藤先生は、このスコールの中、大原周りだったそうです。



帰りの便は、久しぶりのジンベエジェット!



窓の下に八重干瀬が見えます。一度行ってみたい場所です。



やっと帰り着いた那覇空港の水槽には、シイラが入っていました。



次の調査は、10月です。少し調査内容を軽くする必要がありそうです。


Platax teira

卒論の中間発表の日がやってきました。
発表直前、大慌てで昼ごはんを食べるS織、ねこまんま・・・です。

 

子燕たちの発表は聞いている方がドキドキします。
「クロハギとオスジクロハギの生活史を研究しました。クロハギとオスジクロハギはよく似ていて・・・」

 

「こちらがクロハギの耳石です。取り出した耳石を薄層切片にし、・・・」



無事に発表できました。めでたしめでたし。これで卒業研究Ⅰの単位は大丈夫?そうです。
次は院試です!

そういえば、この日はこんな事件も起きました。
AY子がパイナップルを切っていたところ、包丁が根元からポッキリ!






Platax teira

IF映の携帯に「スジハタが水揚げされた」という連絡が入りました。
卸値が4000円だったとのこと、急遽、5000円を渡して、引き取りに行かせました。
フィリピンの市場ではよく見かけましたが、沖縄では初めてです。わくわく。
期待しながら開けたクーラーに収まっていたのは・・・、コクハンアラでした。
がっかりするIF映に、食べられると大喜びのAY子、対照的です。



あっという間に、鱗がはがされ、



あれよあれよという間に捌かれていきます。



真っ白な刺身の出来上がり。



あらも手際よく切られて、湯通され、



鍋に入れられ、



あら煮になりました。



豪華なクルバニー(コクハンアラ)定食の出来上がりです。



満面の笑みで食べるAY子と、



嬉しそうなS織。



あ~、お小遣いから4700円の出費です。もちろん半身は燕の夕食になりました。


Platax teira



カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/12 おとと燕]
[12/07 AY子母]
[11/13 ヤビーポンプ]
[11/08 saori]
[11/07 bracelets cartier imitation love]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索