琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
長きに渡る代車生活を終え,愛車との楽しい時間が還って参りました.

おれんじうさぎです.

前回の更新から随分と間が空いてしまいましたが,近況報告です.




PLLLL~♪
おれんじ : "こんばんは!”
海人   : "明日は網揚げるから来たらいいさぁ"
おれんじ : "はい!何時からでしょうか?”
海人   : "う~ん,2時半くらいかねぇ”
おれんじ : "宜しくお願いします!(ひぇぇぇ)"



海人の朝は早い


ということで朝2時のやんばるにやってきました.
当然真っ暗です.




船上から望む朝焼け


本当は水揚げの様子を色々撮ろうと思っていたのですが,魚を網から外すのに精一杯でそんな余裕はありませんでした.


成果の方はというと...

 

でっかいタイワンメナダ(種群)とコボラを頂きました(多謝)



その後は望み薄と判りつつも市場に





やはりボラは水揚げされていませんでしたが,オグロブダイがペアで揚がっていました.

さほど珍しい種ではないですが,雌相を観たのは初めてだったので記念撮影です.
雌相はちゃんと"オグロ"ですね.


その後,川でコボラとセスジをさくっと集め,次の漁港へ.


漁協の皆さんと仲買人さんのおかげで大量のタイワンメナダをGETしました(謝謝).




お判り頂けるでしょうか.クーラーボックスに加えバケツにも大量のボラが...

学校につくまでの約1時間,得も言われぬ香りが車内に充満していました.


そしてこの日の成果がこちら






3属4種(暫定)42個体の大漁でした.
毎日このペースで揚がってくれると楽なのですが.


タイワンメナがダとカマヒレボラ同時に手に入るのは珍しいので比較です.



上5個体がタイワンメナダ,一番下の個体がカマヒレボラです.

こうしてみるとカマヒレボラの鱗の大きさが際立ちますね.
また,胸鰭の黄色味も結構違っていて,海人の中にはこの2種を区別してらっしゃる方もいます.



左がタイワンメナダ,右がカマヒレボラの幽門垂です.

初めて魚検で検索したときは "これが同定形質なのか!ボラ科の同定無理ぃぃ!" と絶望していました(未だに絶望していますが).




そんなこんなで捌いていると

カマヒレボラのお腹の中から魚が出てきました(多分スミツキアトヒキテンジクダイ).

定置網で採集された個体なので恐らく誤飲ですが,びっくりです.


 

冬産卵の種類はだんだん生殖腺が大きくなり始めています.

たのしみですね~


おれんじうさぎ











今日は10月20日、さて何の日でしょう?
そう!D論の予備審査締め切り日です。
今年は誰もいないのかな・・・と思っていたのですが、


T河、D論提出!!!



意表を突いた?割には、内容が伴っていました(失礼)!
(影の声:本当はずいぶん前から相談を受けて内容を推敲していました)

近づきつつある台風21号とD論提出、さてこの後の展開や如何に、乞うご期待。

今夜の台風接近に備えて、ゴバンノアシを室内に回収しました。
年々大きくなり、ベランダへの出し入れに骨が折れるようになりました。



理学部棟の下のリュウゼツラン?がなが~い茎を伸ばして開花しています。
台風で折れなければいいですが…。



台風21号・・・北部の水瓶に雨だけ降らせて、被害なく過ぎ去ってくれることを祈ります。


Platax teira





今日は、朝から気持ちの良い天気です。
青い空に白い雲!



こんな良い天気なのに・・・
明日以降、台風21号が沖縄近海に接近するそうです。
おかげで、明日から予定されていた1・3研修の渡嘉敷島行きが中止になりました。



ゴバンノアシも避難させないと。


Platax teira







3年生の生物学ゼミⅠが始まりました。
初日はSZKとKTです。
これから山あり谷ありの卒論生活が始まります。

 


大変なことも多いですが、それ以上に、魚類の生活史の研究は楽しいと思います。
みんな頑張って、卒業まで走り抜けましょう!


Platax teira

10月になって台風21号が沖縄に接近してきています。
このままいくと今年初めての本格的な台風の襲来です。
接近直前に福地の調査に行ってきました。
今日からKY名が卒論として主体的に動いてくれるはずです。助っ人はM美。



今日の貯水量は78.3%です。予想より多いですが、台風で水がたまることを祈ります。



サンヌマタ川入渓!減水した分距離が長くなりました。



途中、一時雨が強くなりましたが、小1時間でやみました。
待てど暮らせど、最上流に向かった二人が戻ってきません。
14:20・・・心配になって迎えに行きました。



遠くにM美のオレンジのウェットスーツが見えた時にはホッとしました。
弁当を食べる時間もなく船でダムサイトへ。船上での遅い昼ごはんです。



M美、お気に入りの”焼うどん”らしい?



お疲れさま。次回は水が増えていることに期待。


Platax teira

久しぶり(3ヵ月ぶり)の西表調査に行ってきました。
自衛隊機の横をすり抜け、



着陸する青ジンベエ機を横目に見つつ、離陸しました。
最近、ジンベエジェットに乗っていないなぁ。



石垣島に近づき着陸態勢に入り、眼下のイノーに機影が映っていました。



初日、午後6時に浦内川河口に集合しました。
明日から3連休なので、一気に観光客が押し寄せてきたとのこと(3600人が上陸したらしい?)。
夕ご飯を食べるところがありませんでした。
デンサ―食堂の入り口に”ソールドアウト”って初めて見ました。
スーパー川満にも、甘い菓子パンしか残っていませんでした。
仕方なく、総菜の魚てんぷらと鳥の唐揚げを買って集合場所へ。
今回は、H藤先生、K原さん、O崎君に、




T河+燕の5名です。



まず最初に、アトク島沖の定点で環境DNA用の採水を行いました。



採水を終えると夕陽が沈んでいき、空が赤く染まり始めました。



その後、浦内川を一気に遡り、軍艦岩の船着場へ。
そこから魚は全く獲らず、ひたすら13定点で採水をしました。
採水した水の一部は、船上で直ちにフィルターで濾過しました。
水質観測→採水→濾過→水質観測→採水→濾過→水質観測→採水→濾過・・・・
の繰り返し。



満月の夜にいったい何をやっているのでしょう。



これを2日間繰り返しました。



2日目は一転して天候が崩れ、闇夜でした。



無事に調査が終了し、予備日にY五郎さんに頼んでサンプリングに行きました。



初めての深海釣り。アオダイのサンプルが取れればいいなぁ。



190mラインを2流し、



オオヒメと、



ヒレナガカンパチが釣れました。



さらに、350mラインでの1流しで、ハナフエダイを追加。
毎回、「新しい種」が釣れるのでわくわく!



ところが、波が高くて、潮が早くて、



T河が船酔い・・・



急遽、水深35-70mラインに移動しました(あ~残念)。
そこから、復活したT河が爆釣!アカジンに、



バラハタに、



キツネフエフキ!



そのほかにも、イトヒキオキハギや、



オオフエフキや、



マダラハタや、



タテシマフエフキなどが釣れました。



Y五郎さんが、あそこもやってみよう、こっいもいいかもと船を回してくれ、
あっという間に夕方になりました。



D論が無事に提出されれば(提出だけではだめか・・・)、
今回がT河にとって西表でのラスト調査になるかもしれないので、記念撮影。



翌日、無事に那覇に戻りました。



お土産のヒレナガカンパチ。



T河がさばいて、早速、その日の子燕の夕食なりました。



お疲れさまでした。


Platax teira



カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 7 8 9 10
11 12 16 17
18 20 24
25 26 27 28
最新コメント
[02/23 3月嫌いの燕]
[02/23 AY子母]
[02/11 たいが]
[02/10 還暦燕]
[02/10 いいだ]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索