琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
T紘が、何かを捌いています。



サンプルで採集したニホンウナギだそうです。
貴重な個体、美味しく頂いてください。

 


そういえば最近、オオウナギを食べる姿を見なくなりました。
お腹のすいた子燕でも、味の違いが判るのでしょうか?

Platax teira


八重山調査から帰ってきました.おれんじうさぎです.



石垣空港の水槽にはフウライボラが泳いでいました.

はやく大きくなって,主役の座をナポレオンから奪い取ってほしいものです.



初日の昼は石垣で調査地の下見.沢山いますね.


日没と同時に活動開始.初日は様々な所で稚魚をとりました.


川から上がったらサキシママダラ(?)がいました.轢かれないで生き延びるんだぞー

朝は市場へ(ボラが揚がっていないと知りながら)

アミメフエダイ(あめりかー)

ハマダイ

例のやつ

オニハゲブダイ.沖縄島では某巨大市場以外で見たことがありません.

オオフエフキ.S瀬さんに教えて頂かなかったら完全にスル―するところでした.


漁港の岸壁にはヒメツバメウオが群れていました.
色が出きっていない小さな個体はちょっとクロホシマンジュウダイに似ています.


昼はマングローブへ.
気温31度とは思えないほど涼しくて快適でした.

就職も研究もダメだったらマングローブヨガ教室でも開こうかと思います.


”あぁ,南に来たんだなぁ”と感じさせる種構成



上から,カマヒレボラ,フウライボラ,タイワンメナダ(種群)

種群ってスッキリしない呼び名ですね.何とかせねば...

過密スケジュールの中,次は西表島へ


さっそくタイワンメナダがお出迎え




オニボラもいました.
胸鰭をパタパタさせて泳ぐ姿は,ボラ愛好家ならずとも可愛いと感じるはず.


ちなみに成魚はあまり可愛くありません(寧ろ怖い).



西表島の目当てはもちろんこのボラ,ヒルギメナダです.


セダカクロサギも採れました.

この後もかなりの数,投網を投げましたが,柔らかい足場と投網に絡む藻類で,思うようにサンプリングが捗りません.......




ということで,日没後カヤックを使ってヒルギメナダを掬うことに.

ガイドさん,夜起こしてごめんなさい.そしてボラ採りに付き合ってくれてありがとう!


ヒルギメナダがホイホイ網に吸い込まれていきます.


コボラは予想通りあまり採れませんでした.


上がヒルギメナダ,下がコボラ.

ヒルギメナダは鱗が大きいので,上から見るとコボラというよりオニボラやワニグチボラに似た印象を受けます.昔はオニボラ属に含まれていたのも妙に納得しました.


最終日は魚を冷凍できないので,川に潜ってきました.

よく判らないボウズハゼの仲間がいました.
T河さんもDJもいないのでハゼのことを聞けなくて困っています.求,ハゼ好き.


”黄色いゴマフエダイ”こと,ウラウチフエダイ.
大きな個体から小さな個体まで,結構な個体数がいるようでした.


他にも縞々の魚や平たいハゼなどがいましたが,この川のスターはやっぱりナガレフウライボラ.
産卵はどこでするのかな...


おれんじうさぎ
今年も基礎ゼミの季節になりました。
予定が急に変わり、トップバッターに急遽、S織を抜擢!
12名の1年生の前で話をしてくれました。
初めて聞く話もあり、「ふ~ん、そうなんだぁ」と楽しく聞きました。
ところが、話に聞き入りすぎて、写真を撮り忘れてしまいました。
仕方なく、終わったところをパチリ。



お疲れさまでした。


Platax teira





今日はエコクリーンデイだそうです。
理学部正門前に集合し、ごみ拾いです。
理学部棟の下には、こんな花が咲いていました。



艇庫周辺で自作自演のような?ごみを大量に拾いました。



2袋目も結構たまったので、これで終了!



雨の気配のない空梅雨で、ゲットウの花もちょっと元気がありません。

 


艇庫周りのコンテナ、こっそり片付けましょう。

Platax teira




ゴールデンウィーク開け、梅雨に入ったにしてはいい天気が続きます。
校内にテッポウユリが咲き始めました。



連休で沖縄に来ていたR沙が、研究室に顔を出してくれました。
仕事も順調そうで何よりです。
S織とは同じクラブの先輩後輩だったそうです。



新学期も1カ月が経過しました。
今年度の新たな試みとして子燕たちが鳩の防除対策の強化に取り組みました。
効果は如何に?

 


Platax teira


 




久しぶりにFビエンが来ました。
S織と二人で”ツノザメの同定、計測、解剖です。



2種のツノザメが3個体ずついます。
比較的小さい種と、



少し大きな種です。



背鰭を見てみると、小さな種はこんな感じですが、



大きい方は、背鰭前縁に白色帯があります。確かに違います。



尾鰭を見てみると、小さい方は、尾鰭後縁の白色部が途中で途切れていますが、



大きい方は繋がっています。
なるほどなるほど・・・。



さらに頭を福面からみると、小さい方はこんな感じで、



大きい方はずんぐりしています。



同定結果!
小さい方がフトツノザメで、大きい方がツマリツノザメということになりました。

ツマリツノザメのお腹を開けると、



胎児が入っていました。



すでに大人と同じ形態的特徴を持っていました。


Platax teira






カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 8 9
10 11 12 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
(06/18)
(06/14)
(06/13)
(06/07)
TA
(06/06)
最新コメント
[06/15 実習燕]
[06/14 ay子]
[06/07 実習燕]
[06/06 ほりべ]
[06/04 禁酒燕]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索