琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
今年最後の西表調査に行ってきました。
最近、天候不順が続いています。この日も機下の海は、ウサギが飛んでしました。



上原行はあえなく欠航・・・大原周りで西表に入りました。
大型船だったのでほとんど揺れず一安心。



今回の目的は、水温ロガーの取り換えです。
初日、河口の水温ロガーは消失していました。がっかり・・・。
とりあえず、新しいロガーを設置。

浦内観光の遊覧船桟橋のロガーは、無事に回収成功。こちらも新しいロガーを設置。


翌日は軍艦岩まで遊覧船で遡りました。
この垂直に切れた岩が軍艦岩。
岩の向こうにちょっとだけ見える浮桟橋につけたロガーを回収、再装着。



こちらが雨乞い石。



今日の浦内は一昨日の雨で増水。通常は早瀬の場所もこんな状態です。



さらに水温ロガーの入っている平瀬も・・・。



どうにかロガーを回収し、新しいものを設置できました。
IF映を残して11時の船で一足先に下流に降りました。

待ち時間に初めてウタラ炭鉱跡に行ってきました。
浦内川を見ながら山道を歩くと、



ウタラ川に出ました。これをさらに遡ると、



木々に飲み込まれつつある炭鉱の橋げたが現れました。
周囲も鬱蒼としていて、ちょっと良い雰囲気があります。



ごついゼンマイ?



IF映と合流し、祖納漁港で頼まれていたゴマフエダイの採集開始。
ところが・・・、釣れてくるのはスジブダイに、



サザナミハギ、



そして黒斑の無いホウライヒメジ・・・。



夜は大荒れの天気となり、断念。

3日目の予備日にアオダイの採集に行きました。
この日は打って変わって好天。この1カ月で持っても海峡がよかったとのこと。

朝日を浴びながら出船。



西表島を左手に見ながら、さらに沖へ。



御願が近くに見える海域までやってきました。



自分のリールで届く範囲は、250mまで・・・。



Y五郎さんに餌を作ってもらい投入。



その範囲で釣れたのは、フカヤービタロー(ハナフエダイ)。



これはぞろぞろと釣れました。



キンメヒメダイに、



ウチワフグ。



この水深では珍しいアカマチ(ハマダイ)の一荷に、




定番のマーマチ(オオヒメ)。




最後の方でようやくシチューマチ(アオダイ)が釣れました。




一方、IF映は、Y五郎さんの釣り具を借りて350mまで仕掛けをおろし、
大きなチカメキントキや



アオダイを釣っていました。



本当にいい天気、
暑くてセーターを脱ぎ、
ウィンドブレーカーを脱ぎ、
半袖が欲しいほどでした。


その日の夕食、「魚を食べたい」というIF映の要望で、



アカマチの刺身に、



フカヤービタローの煮つけ、



深海底職の出来上がりです。



夕ご飯を食べた後から再び風が吹き始め海は大荒れに・・・。

最終日、大原周りで石垣に向かい、IF映はヒルギメナダを求めて河口巡り。

無事、那覇に戻りました。



降り立った沖縄島は寒いのでびっくり。荒天でも西表は、やはり南琉球でした。


Platax teira

12月のサンヌマタ川に行ってきました。
今回は美ら海水族館と同行です。
久々にハラマタ川に船を進めます。



美ら海のA田さんたちをハラマタ川に降ろします。
ここで種苗生産用のリュウキュウアユ親魚の採集です。



それにしてもハラマタ川は何年ぶりでしょうか・・・。15年ぶりくらいかな?



続いて船は、サンヌマタ川に向かいました。
上空にカワウが舞っています!
写真では米粒ほどの黒いシミにしか見えません。
湖全体で16羽も確認されたとのことです。
まずいなぁ・・・。



今日の貯水量は、74.9%とのことで、安波ダムからの導水路が露出していました。



荷物を持ったM美とD祐がとぼとぼ遡上中。



珍しくコンジンテナガエビがいました。



流れ込み直上にリュウキュウアユが大集結!
産着卵も確認できました。



ここが産卵床で、



この瀬が産卵場になっていました。



D祐、計数奮闘中!




上流から戻るとちょうど迎えの船が来ており、2人は船上で遅い昼ごはんです。



今日は寒波の来襲で、冷え込みましたが、雨は避けられました。



帰路、車の中からリュウキュウイノシシを見ました。
M美は初めてのイノシシだそうです。
往路、車の調子が悪くなり、心配でしtが、帰路は普通に戻れました。
めでたしめでたし。

Platax teira




師走に突入しました。
どの月も忙しいですが、さすが師走!
今月のスケジュールは見るのも嫌です。
県庁の会議に行ったら、クリスマスツリーができていました。



IF映が名護で8kgのヤイトハタを買ってきました。約2万円です。



自分で釣った気分?



計測して、



生殖腺と消化管を取り出し、GOが耳石を摘出しました。
その後、バラバラにされて・・・ヤイト鍋です。



頭の丸煮?こちらは、ちょっと凄すぎ・・・。



40kg以上のサンプルが欲しい!


Platax teira


大学から帰ろうと外に出ると、西の空が真っ赤に燃えていました。
ちょっと変わった夕焼けです。



近づいてもう1枚シャッターを切りました。



翌日、S織・Y佐と市場に行きました。
最初は泡瀬です。




今日は普通の水揚げ量です。
巨大なミナミマゴチに、



大きなホシザヨリ。
この魚も冬場に集まるのであれば、生活史やってみたい種です。



チャイロマルハタと



ヤイトハタ。この2種は次のターゲットです。



イシガキダイも揚っていました。



次に与那城漁協にはしごしました。 
こちらは予想より少ないのでちょっとガッカリ。
ホウセキキントキに、



大きなアオヤガラ。



今日は、ミナミギンガメアジが沢山上がっていました。



ギンガメアジは1個体のみ。これはY佐がゲット!



たぶんハナザメ?とヒレナガカンパチ。



真っ赤なタキベラに、



2分割されたヒョウモンオトメエイ。



魚以外にも、
ノコギリガザミや、



ホラガイ?



ソデイカなどが揚っていました。



今日の戦利品は、
クロハギ・オスジクロハギ・ヒラニザ・カスミアジ・ギンガメアジでした。


Platax teira





11月24日、帰ろうとしたら、M美が追いかけてきました。
「修論間に合いません!」と言われるのかと思いきや(失礼)、「ケーキが・・・」。
そうでした、今日は11月の誕生祝でした。
I平を332の学生部屋に呼び出したところ・・・
怒られると勘違いして、いたく神妙な顔をしてはいってきました。



もう一人は、Y佐です。
どこに行ったのかわからず、四苦八苦・・・ようやくT紘が図書館で確保。



誕生日おめでとう!



もう少し演技でI平をビビらせればよかった?かも。




Platax teira


Y佐がガーラを集め始めました。
その結果、サンプル到着を心待ちにする学生が現れました。
計測が終わり、必要なものが摘出されるやいなやカマは塩ゆでになり、



身は刺身となって子燕たちのお腹に消えていきました。



しばらくは「ガーラ定食」が昼の定番になりそうです。
いつ飽きるか心配ですが・・・。

Platax teira








カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 7 8 9 10
11 12 16 17
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
[02/11 たいが]
[02/10 還暦燕]
[02/10 いいだ]
[02/10 いいだ]
[02/08 まえだけん]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索