琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
西表の調査に行ってきました。過密スケジュールを縫っての日程で、行く前からバテ気味です。
今回はFBエンが同行してくれました。この写真、わかりにくいですが、一番奥を右方向に走るANA機にFァビが、真ん中のJTA機に燕が搭乗しています。 


 
那覇上空、調査期間中の天気は良さそうです。



石垣島が見えてきました。



JTA機には、美ら島水族館のS藤さんも乗っており、空港で合流しました。

 

今回は、飛行機だけでなく、熱研に泊まれず、宿もばらばらになってしまいました。
夏休みは怖い・・・。Fァビの泊まるビラ・ヒルギです。



夕方、いつも通り浦内川河口に集合。



Y五郎さんの由丸に乗船。メンバーは、Fァビ・S藤さん・H藤先生・K原さん+燕です。



7月の5時は、まだまだ陽が高く、暑さも厳しいままです。



走ると風を切って、いい感じです。



陽がかげり、川面が赤く染まります。



今回の調査は、基本的に環境DNA用の採水です。
12定点で環境観測と採水、さらに船上で水を濾す?しかも往路と帰路で行うので24回!
この時点では、計画の大変さがわかっておらず、笑顔です。



真っ暗になっても、サガリバナが咲いても、まだまだ開いても終わらず、
帰路の観測と採水は、パスすることになりました。



Y五郎さんの冷えたピーチパインが唯一の息抜き・・・。



しかも・・・軍艦岩で”アリ”に刺されて、この有様です。
予定の半分の作業で初日終了。



翌朝、Fァビが潜りたいというので、中野海岸へ連れて行きました。
ナポレオンにバラクーダ、ゴマモンガラにクラカケモンガラ・・・。



お昼はデンサ―食堂の



ゴーヤーチャンプルー定食。



夕方、再び、浦内川の河口に集合。



2日目は一気に軍艦岩まで遡り、下りながらの調査です。



水面に点々とサガリバナの花が流れていきます。



今日の夕陽は、真っ赤です。



今日も調査の〆は、Y五郎さんの冷え冷えピーチパンの丸かじり。



3日目の午前中は、Fァビを星砂海岸に降ろし、




祖納漁港へ、ノコギリダイ・ヨコシマクロダイ・オキフエダイ・フタスジタマガシラ・・・。



夕方、ウツボ用の仕掛けを投入!
21:30まで粘りましたが、サンマが食いちぎられるだけで終わりました。



 最終日の朝、疲れて動けません・・・。Fァビを中野海岸に連れていき、帰り支度。



いつの間にかこんなカフェができていました。



「西表の少年」という名前ですが、ヤマネコ宅配のおばちゃんによると、
「やっているのは、昔の少年、今はおじさん」だそうです。



とりあえず、そこで朝食。コーヒーも美味しかったです。



帰路、大原周りは土砂降りのスコールのようです。
H藤先生は、このスコールの中、大原周りだったそうです。



帰りの便は、久しぶりのジンベエジェット!



窓の下に八重干瀬が見えます。一度行ってみたい場所です。



やっと帰り着いた那覇空港の水槽には、シイラが入っていました。



次の調査は、10月です。少し調査内容を軽くする必要がありそうです。


Platax teira

卒論の中間発表の日がやってきました。
発表直前、大慌てで昼ごはんを食べるS織、ねこまんま・・・です。

 

子燕たちの発表は聞いている方がドキドキします。
「クロハギとオスジクロハギの生活史を研究しました。クロハギとオスジクロハギはよく似ていて・・・」

 

「こちらがクロハギの耳石です。取り出した耳石を薄層切片にし、・・・」



無事に発表できました。めでたしめでたし。これで卒業研究Ⅰの単位は大丈夫?そうです。
次は院試です!

そういえば、この日はこんな事件も起きました。
AY子がパイナップルを切っていたところ、包丁が根元からポッキリ!






Platax teira

IF映の携帯に「スジハタが水揚げされた」という連絡が入りました。
卸値が4000円だったとのこと、急遽、5000円を渡して、引き取りに行かせました。
フィリピンの市場ではよく見かけましたが、沖縄では初めてです。わくわく。
期待しながら開けたクーラーに収まっていたのは・・・、コクハンアラでした。
がっかりするIF映に、食べられると大喜びのAY子、対照的です。



あっという間に、鱗がはがされ、



あれよあれよという間に捌かれていきます。



真っ白な刺身の出来上がり。



あらも手際よく切られて、湯通され、



鍋に入れられ、



あら煮になりました。



豪華なクルバニー(コクハンアラ)定食の出来上がりです。



満面の笑みで食べるAY子と、



嬉しそうなS織。



あ~、お小遣いから4700円の出費です。もちろん半身は燕の夕食になりました。


Platax teira

PA
研究室に西表のYG郎さんから、パイナップルが送られてきました。
甘みの強いピーチパインです。段ボールに2箱!
これだけあればとたかをくくっていたのですが・・・
学生の食欲をあまく見ていました。気づくと残りはふたつ。YG郎さん、ありがとう!




Platax teira


梅雨が上がり、毎日快晴の日が続きます。
6月には600㎜以上の雨が降ったので、福地ダムは満水です。
久々に見る”貯水率100%”



今日の助っ人は、T河とI平です。



山の頂にあったプレートが水面すれすれです。



干上がりそうだった場所にも水があります。



たどり着くのに小1時間掛かっていたところまでボートが入るので、余裕しゃくしゃく。



ただ、水量が多すぎて、超えるのが大変なところも・・・。



ようやく魚止めの滝にたどり着きました。



リュウキュウアユもこの滝つぼまでたどり着いていました。



I平が何やら始めだしました。滝つぼの壁によじ登り、



さらに上に上に、



滝の上端から、



ジャンプ!写真で見ると飛んでいるように見えません。



そのまま流されていきました(嘘です)。



T河も続いてジャンプ!



水の下ではクロヨシノボリがあきれています。



ゴクラクハゼも”何やってんだか”・・・。



計数終了後、T河とI平は展望台へ。いい天気です。



今月も無事終了。


Platax teira









今日は1年生対象の基礎ゼミです。今日の講師は、TAのM美が担当です。
さて、何をやってくれるのでしょうか?なんと!ウツボの同定と解剖だそうです。
まずは全員に、ウツボの魅力について解説です。



その後、3種類のウツボを前に、まずは検索図鑑とにらめっこです。
これはどういう意味?ここはどうなってる?
さて、正解に行きつくのでしょうか?



各部位を計測して、同定キーを進みます。
それにしても”解剖したい人”に名乗りを上げたのが全員女子!
これも時代なのでしょう。



M美はあっちのグループ、こっちのグループと指導に大忙しです。



予想以上に、みんな楽しそうでした。
全員正解にたどり着き、無事解剖もできました。
M美、ご苦労様!

Platax teira





カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 5 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[09/13 fake van cleef clover necklace sale]
[09/12 knock off bvlgari chain necklace]
[09/10 オオメジロ燕]
[09/06 saori]
[09/05 réplique van arpels and cleef]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索