琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[501] [500] [499] [498] [497] [496] [495] [494] [493] [492] [491]
多くの方々にコメントいただき,感激です.

公表の前に書いてしまおうと思います.

今回の論文では,両側回遊性ヨシノボリ3種の浮遊期の形態を比較しました.

実は,学会で発表した時の様子を過去に紹介していました.
http://teamichiba.blog.shinobi.jp/Entry/164/

これら3種の仔魚は,よく似ていて同定できるようなはっきりとした違いが認められませんでした.

しかし,それぞれが持つ特徴が成魚の生息場や近縁な河川性種の有無とリンクしているようで
非常に興味深い結果が得られました.

得られた結果から,できる限りの考察(妄想?)をしています.

http://file.teamichiba.blog.shinobi.jp/e3892845.jpeg
↑種分化する舞台となったかもしれない滝(例)

両側回遊性の生活史を持つ分類群は,
河川性の大きな卵を産む種を近縁に持つことがあります.

彼らが一体どのような環境で種分化し,現在の形質を獲得したのか,
これまでにも多くの研究者が推測してきました.

真相は,未だに謎ですが,今後その謎が解き明かされた時に
今回の論文が何かの役に立っていたらうれしいですね.

公表されるのはまだ先ですが,興味のある方は,ぜひ,目を通してください ミ(ミミズハゼ)

コメント
IPFC?
MMZHZ氏のIPFC9参入を期待しています。ヨシノボリ研究とは、こうやるんだという気概を見せませんか?期限切れまで勧誘しますよ。
【2012/12/28 10:24】 NAME[IPFC勧誘燕] WEBLINK[] EDIT[]
無題
後は学長賞で三冠王ですね.
【2012/12/29 00:30】 NAME[さめ] WEBLINK[] EDIT[]
ヨシノボリ
ヨシノボリ属は,ややこしい魚だけに,こうやって,スマートな結果が出ると今後の研究にもはずみがつくでしょうね。

おめでとう!
【2012/12/31 04:28】 NAME[いいだ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/13 ヤビーポンプ]
[11/08 saori]
[11/07 bracelets cartier imitation love]
[11/06 saori]
[11/06 唐揚げ燕]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索