琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[184] [183] [182] [181] [180] [179] [178] [177] [176] [175] [174]


大○川に産卵調査に行ってきました。もう11月ですが、野外では、まだチチブモドキやミナミヒメハゼ属の卵が見られ、彼らの恋はまだ続いているようです。しかし、卵塊の数は、先月と比べかなり少なくなり、冬がもうそこまで近づいているのだと感じました。冬になれば、別のハゼたちが産卵期を迎えます。沖縄でも冬は寒いですが、チョコレートを食べて頑張ろうと思います。(ミミズハゼ)

コメント
無題
今年は,台風が沖縄本島を直撃しませんでした。こういう年は,寒い冬になるのでしょうか?南から流れてきた新顔の魚や沖縄が北限に近い魚たちにとっては,暖かい冬が必要なのでしょうが,沖縄が南限の温帯由来の魚たちにとっては,寒い冬こそ待ちに待った季節なのです。先日,源河川と数久田川に数時間潜ったところ,体がかなり冷えました。水温はまだ20℃以上あるはずです。年とともに冬の河川を寒く感じるようになってきました。ドライの季節も間近です・・・。温帯由来のはずなのに,最近すっかり熱帯の魚になってしまいました。
【2008/11/16 12:50】 NAME[冷え性?になった燕] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/12 おとと燕]
[12/07 AY子母]
[11/13 ヤビーポンプ]
[11/08 saori]
[11/07 bracelets cartier imitation love]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索