琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193]
山ピーが実験室でミズウオの胃内容物を調査していました.

これは,そのうちの一つ.横から↓


上から↓


前から↓


尾叉長約120 cmのミズウオから出てきたそうです.水深約150 m.
それにしてもいい形してますね.キホウボウ科でしょうか?
せっかくの棘もミズウオにしてみれば無駄な抵抗だったんですかね.

外洋は見たこともない魚がたくさん出てきておもしろいですね.
次は何が出てくるのか,楽しみです (ミミズハゼ)

コメント
無題
外洋性の魚類の食性は面白いですよね。この姿で浮遊しているとは思えないので、着底しているものを摂餌したのでしょう。ミズウオは直接クロマグロとはかかわらないかもしれませんが、外洋生態系の一員として重要です。これからも変わった生物が餌として出てくることを楽しみにしています。山のようなある胃袋を調べるのは大変だと思いますが、がんばりましょう。
【2009/08/05 18:53】 NAME[3.5差奇跡の予感がする燕] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3
5 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/13 ヤビーポンプ]
[11/08 saori]
[11/07 bracelets cartier imitation love]
[11/06 saori]
[11/06 唐揚げ燕]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索