琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189]
どうもはじめまして、今年から立研に加入しましたM1の山ピーこと山内です。
いつも楽しく拝見する側だった立研日記についに投稿することになりました。
つたない文章ですがよろしくお願いします。

さて、実はわたくし4月の後半から沖縄県那覇地区漁業協同組合所属の近海小型マグロ延縄船に便乗しておりました。
毎年4-7月上旬にかけて沖縄近海にはクロマグロの大型個体が産卵のために回遊してきます。
そこで、同期間中漁獲されるクロマグロの詳細な漁獲情報及び生物学的な基礎データの収集、またその他主要漁獲対象種の食性を調べることを目的として便乗調査を行っていました。
結局今期は合計で5回の航海に便乗し、40日間の操業データを集めることができましたが、今年はクロマグロが全体的に不漁で特に高値がつくこともなく終わってしまったのは残念でなりません。
それでも魚体自体はかなり大型でほとんど全てが200cm以上の巨体でした。
やっぱりこれだけデカい魚だと取り込む時はかなり神経使います。

写真はその瞬間




こんな感じです、はい。

なにはともあれ、怪我もなく無事に帰ってこれてよかったです。
それから長期間ほとんど研究室に顔を出せず、仕事も何も手伝えなかった僕を忘れずに覚えていてくれた研究室のメンバーに感謝です。
これから出遅れた分を取り戻すつもりで勤しみますのでよろしくお願いします!



コメント
帰還
岬君の無事帰還おめでとう!琉球列島の魚類をすべて研究すると豪語したものの、とうとう禁断のクロマグロまで始めてしまうとは…。やり始めた以上、がんばりましょう。学生をクロマグロの最前線の戦場である延縄漁船に乗せられるようなチャンスは、もう2度と来ないと思います。困った、大変だと言いつつ、一番ワクワクドキドキしながら楽しんでいるのは何を隠そう自分です。クロマグロの産卵に関する情報が得られれば最高ですが、延縄漁で獲れる魚類を基軸にして、琉球列島の沖合に広く分布する外洋性魚類の食性も明らかにしましょう。やりたいことは山ほどありますが、欲張らずに(サンプル量をみるとすでに相当欲張っていますが…)できる範囲で全力を尽くしましょう。期待しています。
【2009/07/02 09:58】 NAME[3連敗で意気消沈の燕] WEBLINK[] EDIT[]
クロマグロ
無事に調査できたようでなにより。出遅れたのではなく、すでに大量のデータとサンプルを取ってきて一歩リードと言うべきではないでしょうか。結果があがってくるのを楽しみにしています。解析がんばってね。
【2009/07/03 21:47】 NAME[S瀬] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 10
11 13 14 15 16
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/27 いいだ]
[06/22 replica bvlgari serpenti watch]
[06/19 how much is the alhambra carnelian necklace discount]
[06/19 how much is the van cleef and arpels alhambra turquoise necklace imitation]
[06/19 how much does van cleef alhambra emerald necklace cheapest]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索