琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[595] [594] [593] [592] [591] [590] [589] [584] [583] [582] [581]



IPFCの後、外国からのお客さんたちを連れて、北部の川へ2日間のフィールドトリップに行ってきました。いいださんも一緒です。
After the IPFC 9, I and MI went to northern part of Okinawa Island for two-day field trip with some foreign participants.



魚たちも歓迎してくれました。
Fishes also welcomed our guests.



ミナミヒメミミズハゼに興味津々。
Everybody was interested in Luciogobius ryukyuensis.



BE氏のリクエストの一つだったタネカワハゼ。オーストラリアでは、タネカワハゼ属は稀で、さらにワニがいるため観察が難しいのだそうです。ここにはワニはいません。黒っぽい婚姻色のオス(中央)が求愛行動をしていました。手前にいるのがメスです。
Stenogobius sp. requested by BE. He said that Stenogobius is rare in Australia as well as the underwater observation is difficult due to existence of the crocodile. He enjoyed crocodile-free observation. I found a dusky male (centre) displaying a female (front).



オスはディスプレイを繰り返し、メスを誘ってどんどんどんどん移動していきます。追跡していくと、だいぶ離れたところでついに巣石の下に入って行きました。矢印の先が巣穴の入り口です。中央がオス、右上がメス。近縁なミナミハゼ属の産卵床はオープンですが、タネカワハゼの巣石は普通底質に埋もれていて外からは観察できません(Yamasaki et al. 2012)。
The Stenogobius male repeated display and swimming to bring the female to his nest. I followed them and watched that the male (centre) finally arrived his nest with female (upper right) and got into the nest under a stone (allow indicates entrance of the nest). We cannot observe inside of the nest, because nest stone of Stenogobius usually somewhat submerged in the gravels and sands of the streambed, while Awaous spawns on relatively open nest (Yamasaki et al. 2012).



オスが巣穴に入った後、メスはしばらく入り口の前で迷っているかのようでしたが、結局巣穴に入って行きました。これで明日には卵が採れるはず(採りませんが)。
After the male disappeared into the nest, the female stayed in fornt of its entrance and swim around there for a while. Then, she decided to follow him and entered the nest. I would have obtained the egg mass of Stenogobius sp., if I had checked the nest next day.



BE氏とJD氏がヨロイボウズハゼを見ています。
BE and JD observing Lentipes armatus in the rapid.



飯田さんのウェットスーツは新品です。
MI with brand-new wet suit.



翌日は河口にも行き、汽水域の魚たちを観察しました。
We went to a stream mouth to observe estuarine fish next morning.



川で見たのは初めてです。ウケグチイットウダイ。
Neoniphon sammara. It was the first time I found this species in the stream habitat.



朝は晴れていたのですが、しばらくしたら雷雨になりました。なかなかやまないので移動することにします。
We were caught in a heavy thunderstorm. So, we decided to move to other side of the island.



ここは晴れていて川も平常通り。ところが、先に川に降りて行ったDB氏が「Flooding!」と言って戻ってきました。あっという間に増水して濁流に。丸太も流れてきます。
It was fine whether and stream was clear. But, DB soon returned to us and said “Flooding!”. The clear and gentle flowing stream had suddenly been swollen and we saw turbid water carrying a big log.



上流の豪雨のせいでしょうか。鉄砲水は怖いです。
It would have been caused by heavy rain in the upper reaches. We must be careful in flooding.



そんなわけで再び移動。モクズガニです。EB氏いわく淡水域に大きなカニがいることが面白いのだそうです。あたりまえに思っていましたが、ところ変わればいろいろ違うものですね。そういえば、シリケンイモリにも大盛り上がりでした。
So, we moved again to the other area with no dark cloud throughout the water system. This is a crab, Eriocheir japonica. BE and JD were interested in it, because big crab is uncommon in freshwater stream of Australia. A newt also attracted the guests from the southern hemisphere.



皆、満足してくれたようで良かったです。
私たちも楽しみました。
I was happy because everyone enjoyed the trip.
Off course, we enjoyed it, too.



ウナギも食べましたよ。
We also enjoyed eel diner.

まえだけんemoji
Ken Maeda


コメント
無題
鉄砲水怖いです.
普段干潟ばっかりいっているのでなかなか無縁ですが,自然をなめたらいけませんね.
気を付けてください.
【2013/07/16 19:53】 NAME[たいが] WEBLINK[] EDIT[]
干潟
干潟では、泥に埋まって身動き取れなくなって熱中症にならないように気をつけよう。
【2013/07/16 22:08】 NAME[まえだけん] WEBLINK[] EDIT[]
無題
初の英語バージョン付きの日記、良いですね。川の中でウケグチイットウダイ!初記録です!!どんどん”川の魚”の範囲が広がっていきます。
【2013/07/17 15:35】 NAME[日記英語バージョン燕] WEBLINK[] EDIT[]
Harmony generic cheap pills without medication
cialis 20mg tablets legend
<a href=http://pharmshop-online.com>buy cialis online</a> enzyte
- generic cialis online
【2014/07/02 00:39】 NAME[Thomasturi] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 10 11 12
13 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/10 saori]
[08/10 AY子]
[08/10 祝い燕]
[08/10 AY子母]
[08/09 S織母]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索