琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[752] [751] [750] [749] [748] [747] [746] [745] [744] [743] [742]


桜の季節はほぼ終わりですが、まだまだ水温低いですね。
と、いきなり花の写真なのは、死体の写真から始めるのもどうかと思ったからです。



先日川に行くと、川岸にオウギハゼの死体が落ちていました。



全長30センチほど。わりと大きく、しかも新鮮です。
こんな上手い話があるだろうか、ワナかもしれないと思いましたが、爆発はしませんでした。

でも、やっぱり生きているうちに見たかったです。

 

黄色い模様が目立っています。
10年ほど前の3月に、もっと大きなオウギハゼの死体が拾われたことがありました。
こんな大きさに育つまでに何度か冬を越しているのだろうと思いますが、やはり冬には消耗するのかもしれませんね。



オウギハゼを拾った近く、水中に植木鉢のかけらが落ちています。



めくってみるとハゼの卵塊がありました。



親はこれ。ミナミアシシロハゼです。



卵は細長いです。
3年生のIさんが本種の生活史を解明してくれると聞いています。楽しみです。



これは別の川ですが、ナガノゴリも産卵盛期で、岩の隙間をのぞきこむとたくさんの卵塊が見られました。ナガノゴリの産卵巣はわりとオープンで、外からも様子を見ることができます。



アヤヨシノボリは婚姻色。
今の時期にしか見られないものが他にもたくさんあります。
寒い季節ですが、見逃さないよう、またフィールドに行きたいです。

ついでに去年の写真を少し紹介します。



ニライカナイボウズハゼ、去年も見られました。
これは雄。



赤くてきれいなのですが、なかなか背鰭を開いてくれません。



雌も別の川で見つかりました。



赤いヨロイボウズハゼ。青いお腹もきれい。ギラギラしていました。



上手く撮れませんでしたが、クマノコハゼ、Dotsugobiusです。とても小さかった。



これはハゼではないですが、ヒメツバメウオ。最近は沖縄島でも珍しくないようで、あちこちで見かけます。



最後にクイズ!
これは何でしょう?




イッセンヨウジでした。

まえだけんemoji


コメント
無題
久しぶりにMKの鯊づくし日記ですね。オウギハゼは、久しく見ていませんでした。それから、モモヨロも・・・。そういえば、川に行く回数がめっきり減っています。来年度はもう少し、増やしたいなぁ・・・。
【2015/02/26 08:49】 NAME[鯊燕] WEBLINK[] EDIT[]
クイズ
イッセンヨウジ!こんな派手なんですね。
全くイメージが違います。

燕先生,
フィールド行きは体調と要相談です。
【2015/02/26 23:05】 NAME[いいだ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 7 10
11 13 14 15 16
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/22 replica bvlgari serpenti watch]
[06/19 how much is the alhambra carnelian necklace discount]
[06/19 how much is the van cleef and arpels alhambra turquoise necklace imitation]
[06/19 how much does van cleef alhambra emerald necklace cheapest]
[06/19 orange]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索