琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[812] [811] [810] [809] [808] [807] [806] [805] [804] [803] [802]
恒例の福地ダム調査に行ってきました。今回はMM子とIF映が参加です。

今日の貯水率は、約86%この時期にしてはまずまずです。




調査員#1 IF映 今回で6回目、ちょうど半年になりました。


調査員#2 MM子 任務遂行します!


出陣!


周囲は鬱蒼としたやんばるの森です。


山の間を縫って清流が流れます。


川の中を覗き込みながら、リュウキュウアユの個体数を数えていきます。


水温は17.8℃・・・産卵にはうってつけの水温です。人には少し冷たい?日の当たる石の上でしばし保温。


MM子が縄張り個体を見つけました。


この時期にまだ縄張り個体が・・・?少し不安。


全流程を計数した結果、緊急事態が発覚しました。リュウキュウアユがいない!
先月、数千個体いたものがわずか223個体!?何が起きたのでしょうか?産卵床も探したのですが見当たりません。もう12月です。水温も十分に産卵条件を満たしています。やっと捕まえた2個体は、外見的には雄雌ともに成熟しているようです。この2個体は、Hべぇの修論の標本写真様にリクエストされたものです(今頃?泥縄だなぁ)。




今、考えられることは、
① 数週間前からカワウが飛来しているとのことなので食害された(そうだとすると絶望的です)。
② 先月中旬に一気に産卵が始まり、12月の頭までに終了した(それでもこれだけ減るだろうか)。
③ 数日前の雨で貯水池内に流下した(たかが40㎜程度の雨でしたが・・・)。
来春の遡上が心配です。

調査終了した帰路の船上、元気です。


帰路、某河川の観察もしました。上半身裸でのぞき込むIF映・・・若い。


夕食は「海洋」で、ごちそうさまでした。


来月の個体数が心配です。

Platax teira






コメント
無題
果たしてこの先どうなるのでしょう...。

個体数も僕のモチベーションも維持できるか心配です。
【2015/12/10 08:18】 NAME[腹ペコ子燕] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 5 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[09/13 fake van cleef clover necklace sale]
[09/12 knock off bvlgari chain necklace]
[09/10 オオメジロ燕]
[09/06 saori]
[09/05 réplique van arpels and cleef]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索