琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[519] [518] [517] [516] [515] [514] [513] [512] [511] [510] [509]


ベトナム紀行最終回はハノイ編。
ハノイに戻るとやっぱり寒かったです。
ベトナムでは朝にフォー(ベトナムで一番ポピュラーな麺)を食べることが多いそうです。
柑橘をしぼっていただきます。



ハノイ教育大学本部前。
バイクで行ったので、ヘルメットかぶってます。



Faculty of Biology。
右は、今回ベトナム中部へ一緒に行ったハウさん。
ここはハウさんの大学です。
2日間でたくさんの人に会いましたが、日本で勉強した方が多いのが印象的でした。
皆それぞれお茶を入れて歓迎してくださいました。



ここは標本庫です。



ハゼの標本もありますよ。



大学の近くの市場に行きました。
コイ科の魚が多いです。



なぜかカラシン。エアレーションして生きたまま売られている魚が多いです。
ハゼはないようです。



ハウさんのお宅で夕食をごちそうになりました。
ごちそうが山盛りです。



さらに、なんと、ハウさんの奥さんがハゼを用意してくれていました。
コンジキハゼがいっぱい。
しかし、山盛りのごちそうの数々にお腹いっぱいになってしまい、ハゼにたどりつくことができませんでした。うーん、残念。
というわけで、翌日の夕方にまたお邪魔していただくことになりました。



翌日は、大学へ行った後、少しハノイ市内を見て回りました。
最初に行ったのは民族博物館。
これは水上人形劇で使われる人形だそうです。



すごいの見つけました。



これはFish trap。



手前の小さいのは、



Goby fish trapです!
中部高原地域の少数民族のものだそうです。
どんなハゼが採れるのでしょうか。



ハノイ最大の市場へも行きましたが、魚はほとんどありませんでした。
これはチョウザメ。養殖しているようです。
目の前で売れていきました。



ハノイで一つだけ行きたい場所をリクエストしました。
それはホン川(紅河)。ベトナムでは、メコン川に次ぐ二番目に大きな大河です。
日本にはない大河を見ておきたかったのです。
市街に沿って流れているので、お安いご用ということで、連れて行ってくれました。



ホン川にかかるロンビエン橋。
とても古い橋で、完成当時、世界で2番目に長い橋だったそうです。
1899-1902と書かれていますね。パリのエッフェル塔とも関係があるそうです。

川が見えるところまで歩いて行ってみることにしました。
初めは街の上を歩いて行きます。



しばらくして、気付きました。
歩道は、錆びついた鉄骨に薄ーいコンクリート板が渡してあるだけです。
しかもところどころ欠けている。
古い橋だけになんとも恐ろしい。

しかし、川を見るためにはここを歩いて行かねばなりません。



すぐ近くに新しい橋があって車はそちらを通るようで、
この橋を使うのは、電車とバイク、歩行者だけです。
歩道は怖いので、バイクが来ない時はなるべく車道を歩きました。



さすが世界第2の大橋(100年以上前の、ですが)、
街を抜けても河川敷が広く、ホン川本流ははるかかなたです。
遠くにかすんで見えるのが対岸。



橋の上でも魚を売っていました。
丸々太った、立派なナマズとコイの仲間です。
焼きトウモロコシもありました。



ついに到着。ホン川です。大きいです。
どんな魚がいるのか見当もつきません。
橋の上で売っていたような大きな魚が住んでいるのでしょうか。
英語ではRed Riverと言いますが、なぜRedなのかは不明でした。

川岸に降りて川を眺めた後、再びスリリングな橋を歩いて戻りました。



さて、再びコンジキハゼです。
今度は調理済み。おいしそう!


コンジキハゼをパクリ。
初めは、今日は軽く、という話しでしたが、またまた苦しくなるまで食べて、空港に向かいました。

ベトナムではハウさんとご家族の皆さまにとてもお世話になりました。
コンジキハゼまで食べられて感激です。ありがとうございました。

まえだけん

コメント
無題
旅は大成功だったようですね.
コンジキハゼ美味しそうです.
カラシンの写真に写っている方がコツさんに見えてしょうがない...
【2013/02/10 19:59】 NAME[てつ] WEBLINK[] EDIT[]
無題
ベトナム川紀行、楽しませていただきました。
今年の遠征ターゲットはパラワン&ベトナムになりました。
【2013/02/10 22:54】 NAME[おでっせい] WEBLINK[] EDIT[]
コツさん
たしかに、コツさんに見えるかも。でも、この後撮ったこっち向いた写真見たら、おばさんでした。市場で働く人のほとんどは女性のようだよ。
パラワンも行きたいですね。
【2013/02/11 09:38】 NAME[まえだけん] WEBLINK[] EDIT[]
無題
鯰、良いですね…。遠い記憶をよみがえらせてみると、子供の頃ナマズが好きだったのを思い出しました。今でも”ナマズ”と書かれた本があると買ってしまいます。きっとあの川には大きなナマズがたくさんいるのでしょう。耳石とってみたいですね。
【2013/02/12 09:16】 NAME[鯰燕] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[12/12 おとと燕]
[12/07 AY子母]
[11/13 ヤビーポンプ]
[11/08 saori]
[11/07 bracelets cartier imitation love]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索