琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[1138] [1137] [1136] [1135] [1134] [1133] [1132] [1131] [1130] [1129] [1128]
奄美で行われたリュウキュウアユの個体数の検討会に行ってきました。
那覇空港は、クリスマスモードです。



着々と進む空港の埋め立てを横目に、10分遅れで離陸。



伊江島上空を飛び、



伊是名島上空を飛び、



約1時間で奄美空港に着陸しました。



レンタカーで一路、マングローブパークへ。
沖縄に比べるとやけに寒く感じますが、バナナの開花や、



ジカゲヘゴをみると、やはり琉球列島です。



検討会の後は懇親会。初めていく店でした




最後は記念撮影。



翌日、産卵場の視察に行きました。
川内川は、前田堰を1mほど切り下げたため、川相が全く変わっていました。
旧魚道は干上がり、大量の砂礫が流れ出たようです。
おかげで瀬切れは、解消されたとのこと。



左岸側に新しい魚道が作られていました。



大量に流出した礫が、下流に良好な産卵場を形成していました。

 

一方、役勝川は、砂礫の供給がなく、産卵場が粗い礫で構成されているとのこと。



さらに、この場所を改修するらしいのですが、
さてどのようにしたらいいものか・・・。



初冬、収穫されなかったタンカンがぽつぽつと残っていました。



役勝川沿いの土手には、ナンバンギセル?が咲いていました。



さらに住用河に回り、冷川合流点の河川改修現場を視察。
洪水防止のため、致し方ありませんが、
計画どおり、うまくいってくれることを祈ります。



さらに西海岸に移動し、宇検で産卵場の状況を見ました。
視察後、一人残って、ヨシノボリを見ました。
予想より暖かく、5㎜のウェットで何の問題もありませんでした。



大きなヒラヨシノボリに、



派手なシマヨシノボリ。クロヨシノボリもいました。

 

最終日、行ったことのなかった笠利崎の灯台に寄りました。
大荒れの海に、

 

そそり立つ絶壁!


最終日、あやまる岬でクツワハゼを釣り
(本当は先月見たハゼを釣りたかったのですが・・・)、



蘇鉄の海岸林を散策し、



住用マングローブと、



内海と、



こんな花を見て、空港へ。



30分遅れで飛行機に乗り込みました。
内海を機下に見ながら、



嘉徳川上空を飛び、



大浦湾の埋め立て地上空を飛んで、那覇空港に戻りました。



つばめうお


コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[12/28 おれんじうさぎ]
[12/27 年末燕]
[12/08 つばめ]
[12/07 おれんじうさぎ]
[12/04 前進燕]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索