琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[1034] [1033] [1032] [1031] [1030] [1029] [1028] [1027] [1026] [1025] [1024]
今年最後の西表調査に行ってきました。
最近、天候不順が続いています。この日も機下の海は、ウサギが飛んでしました。



上原行はあえなく欠航・・・大原周りで西表に入りました。
大型船だったのでほとんど揺れず一安心。



今回の目的は、水温ロガーの取り換えです。
初日、河口の水温ロガーは消失していました。がっかり・・・。
とりあえず、新しいロガーを設置。

浦内観光の遊覧船桟橋のロガーは、無事に回収成功。こちらも新しいロガーを設置。


翌日は軍艦岩まで遊覧船で遡りました。
この垂直に切れた岩が軍艦岩。
岩の向こうにちょっとだけ見える浮桟橋につけたロガーを回収、再装着。



こちらが雨乞い石。



今日の浦内は一昨日の雨で増水。通常は早瀬の場所もこんな状態です。



さらに水温ロガーの入っている平瀬も・・・。



どうにかロガーを回収し、新しいものを設置できました。
IF映を残して11時の船で一足先に下流に降りました。

待ち時間に初めてウタラ炭鉱跡に行ってきました。
浦内川を見ながら山道を歩くと、



ウタラ川に出ました。これをさらに遡ると、



木々に飲み込まれつつある炭鉱の橋げたが現れました。
周囲も鬱蒼としていて、ちょっと良い雰囲気があります。



ごついゼンマイ?



IF映と合流し、祖納漁港で頼まれていたゴマフエダイの採集開始。
ところが・・・、釣れてくるのはスジブダイに、



サザナミハギ、



そして黒斑の無いホウライヒメジ・・・。



夜は大荒れの天気となり、断念。

3日目の予備日にアオダイの採集に行きました。
この日は打って変わって好天。この1カ月で持っても海峡がよかったとのこと。

朝日を浴びながら出船。



西表島を左手に見ながら、さらに沖へ。



御願が近くに見える海域までやってきました。



自分のリールで届く範囲は、250mまで・・・。



Y五郎さんに餌を作ってもらい投入。



その範囲で釣れたのは、フカヤービタロー(ハナフエダイ)。



これはぞろぞろと釣れました。



キンメヒメダイに、



ウチワフグ。



この水深では珍しいアカマチ(ハマダイ)の一荷に、




定番のマーマチ(オオヒメ)。




最後の方でようやくシチューマチ(アオダイ)が釣れました。




一方、IF映は、Y五郎さんの釣り具を借りて350mまで仕掛けをおろし、
大きなチカメキントキや



アオダイを釣っていました。



本当にいい天気、
暑くてセーターを脱ぎ、
ウィンドブレーカーを脱ぎ、
半袖が欲しいほどでした。


その日の夕食、「魚を食べたい」というIF映の要望で、



アカマチの刺身に、



フカヤービタローの煮つけ、



深海底職の出来上がりです。



夕ご飯を食べた後から再び風が吹き始め海は大荒れに・・・。

最終日、大原周りで石垣に向かい、IF映はヒルギメナダを求めて河口巡り。

無事、那覇に戻りました。



降り立った沖縄島は寒いのでびっくり。荒天でも西表は、やはり南琉球でした。


Platax teira


コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 7
8 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/20 AY子母]
[07/17 実習燕]
[07/17 AY子母]
[07/13 おれんじうさぎ]
[06/15 実習燕]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索