琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294]


グーテンターク!!

シュットットガルトから車で3時間 スイスに来ています(土日は休みなので)

なんというか、国境を車で超えれるというのは、島国人にとっては不思議なものです

ただ、まぁ、これが普通なんだなと 特殊なのは日本ですね

いったいどれほどの国が他の国と陸続きでないのでしょう?

いったい何を基準に線が引かれ

また、その曖昧な理由で引かれた線を境に文化や言語が変わるのだから不思議です

さて、そんな中、本日はリヒテンシュタインに行ってきました

リヒテンシュタイン?どこそれ?

リヒテンシュタイン公国(リヒテンシュタインこうこく、独: Fürstentum Liechtenstein, アレマン語:Förschtatum Liachtaschta)、通称リヒテンシュタインは、西ヨーロッパの中央部に位置する立憲君主制国家。(wikipediaより引用)

そう君主制です

この国は、リヒテンシュタイン家の持ち物の国なのです。

日本の天皇様や、イギリスの女王のように、象徴としての君主ではなく

絶対的な力を持った君主です

ようは昔話に出てくる王国みたいに、王様がいて、王子がいて、姫様がいて、国民が王様の決めたルールに従うみたいな感じだと思います

そんな場所が、300年近く前から、この現代でも残っているということ それはスゴイことです

国の大きさは、小豆島ぐらいだそうです

実際、行ってみると 意外とデカイ

それでも殆どは2000m級の山も含まれる高所で使える平地は僅かで 町がいくつかある程度です

ただ、斜面の上に建てられた小さな町は圧倒的に美しく

そしてそこからさらに上に行くとハイジの家がありそうな場所があり

さらにその上では木がほとんどなくなり花と低木と草と牛(行けるのはここまで)

さらにさらにその上には岩 そして氷河

教科書でならう垂直分布が数十分で経験できる

なんとも凄い場所でした





コメント
無題
毎日充実した欧州調査旅行のようですね。ほぼ日程の半分を消化したところです。山には川や湖があるでしょう?場所によっては海岸に出ることもあるでしょう?フィールド情報も期待しています。
【2011/07/05 14:12】 NAME[3.5燕] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 7 8 10 11 12
13 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/18 saori]
[08/17 いっぺー]
[08/17 AY子母]
[08/10 saori]
[08/10 AY子]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索