琉球大学立原研究室の愉快な仲間達による日々の記録★ミ
[81] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69]


再びまえだけんです。
今日もすごい写真を紹介します。
これはテンジクカワアナゴと同属のチチブモドキの腹部です。
肛門から出ようとしているのは、トウガタカワニナという巻貝。
立原先生達が週末に徳之島で採集してきたサンプルの中から発見しました。

チチブモドキはイシマキガイやイボアヤカワニナなどの巻貝をよく食べています。
消化管内容物のメインは貝殻なほどで、どう考えても肛門からは出せない大きさのものが多いので、貝殻は口から吐き出しているに違いないと考え、論文にもそう書きました。

しかし、この写真では肛門が破れそうなほどの貝殻を排泄しようとしています。

口から出すところを見たいと思い、水槽にチチブモドキを入れ、イシマキガイを大量に入れたりしたこともありました。でも、水槽内に貝殻が増えていくばかりで、食べる瞬間も、出す瞬間も見たことがありませんでした。

実は、結構な大きさの貝殻でもお尻から出せるのかもしれません。
口から出すこともあるのか気になるところです。

しかもこんなトゲのある貝を食べて、一生のうちに何度も肛門を怪我しているにちがいない。

ちなみに、この個体の標準体長は39 mm、肛門に詰まっている部分の貝殻の経は3.9 mm。
肛門を体長の10分の1の幅まで広げられることになります。

チチブモドキはすごい魚ですね ミ☆

コメント
スゴイネェ
チチブモドキ,悪食ですね.研究者が研究対象に似る好例だと思います.それにしても,仮説が自らによって検証されていくのはいいですねぇ.口から吐き出すところもビデオかなんかで押さえてください.魚の消化管って思った以上に伸縮するのでビッックリですね.ちなみにシロカジキでは,400kgの個体が70kgのメバチを捕食していた例が,クロカジキでは,290kgの個体が50kgのメバチを捕食していた例があるようです.まあ,メバチは魚なので消化されて排出されますが.
【2007/11/22 10:31】 NAME[しもせ] WEBLINK[] EDIT[]
無題
下瀬は頭の角を振り回しているのか。
っていうか、カジキの方が貪欲だね!
【2007/11/25 15:19】 NAME[まえだけん] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 5 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
[09/13 fake van cleef clover necklace sale]
[09/12 knock off bvlgari chain necklace]
[09/10 オオメジロ燕]
[09/06 saori]
[09/05 réplique van arpels and cleef]
プロフィール
HN:
立研
HP:
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
魚料理
バーコード
ブログ内検索